ホンダ、「ステップワゴン」をお化粧直し

1999.05.26 自動車ニュース
 
 
990526_044.gif

ホンダ、「ステップワゴン」をお化粧直し(5/26)

ホンダ「ステップワゴン」をマイナーチェンジして発売した。フロント回りが変更され、エアロ仕様「スピーディ」も新設定された。

5月20日に行われた「ステップワゴン」のマイナーチェンジでは、フロント回りのデザインが変更されたのが最大の特徴だ。ヘッドライトは縦形4灯式マルチリフレクタータイプとなり、バンパーの形状も変更されている。リアゲートやホイールのデザインも手直しされた。インテリアにおいても、ドアライニングが布張りとなり、シート地も変更されている。

エンジンは圧縮比の変更や、ノックコントロールの適正化などで、最高出力を10パーセント増やして135psとした。安全対策では、ホンダ独自の「Gコントロール」技術を取り入れて、ボディの衝突安全性を向上させている。また、フォースリミッター付前席シートベルトや、EBD(制動力配分システム)つきABSを標準装備とした。

今回のマイナーチェンジにおける、もうひとつの特徴は、新グレード「スピーディー」が登場したこと。これはフルアエロパーツを装着したスポーティなグレードだ。専用のアルミホイールやフォグライトも装備されている。インテリアも専用のスポーティタイプとなっていて、ブラックとブルーの設定がある。これまで特別仕様車として好評だった「デラクシー」も、今回からカタログモデルとなった。オートエアコンなど、装備を充実させたモデルだ。さらに、介護を目的とした福祉車両「ステップワゴン・アルマス」、テントタイプのポップアップルーフを持つ「フィールドデッキ」も発売されている。

価格は「タイプN」の177.5万円から「タイプW」の222.8万円まで。ホンダでは月販7500台を目標としている。

ところでステップワゴンの、行灯みたいなリアのコンビネーションランプは、夜の高速道路なんかでけっこう眩しくて困っています。なんとかしてください。(Web CG スヤマ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る