メルセデス、「V280」を新発売

1999.05.26 自動車ニュース
 
 
990526_043.gif

メルセデス、「V280」を新発売(5/26)

メルセデスベンツ日本では、大型マルチパーパスビークル「Vシリーズ」に「V280」を追加、520.0万円で夏から発売する。

「V280」は専用に開発されたというV型6気筒SOHCエンジンを搭載、最高出力は174馬力となる。トランスミッションは電子制御4段オートマチックだ。装備の面でもより豪華になっており、本革シート、本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブ、さらに収納式センターテーブルとクールボックスをサードシート中央部に設けている。

同時に「V230」もマイナーチェンジをうけた。2.3リッター直列4気筒DOHCエンジンは基本は同じだが、あらたにバリアブルバルブタイミング機構を与えられたことに加え、エンジン統合マネージメントシステムの改良でトルク特性と燃焼効率が向上している。トルクはこれまでの21.4kgm/4000rpmから、21.9kgm/3500〜4500rpmとなっている。

外観上は、フロントグリルとアルミホイールのデザインが変更されたことをはじめ、サイドシル、ドアハンドル、バンパーがボディ同色化された。内装面ではステアリングホイール、メーターパネル、スイッチが新デザインとなったことに加え、レイアウトが一部変更されている。

安全装備としては、助手席にシートセンサー/チャイルドセイフティシートセンサーが備わったのが新しい。助手席に加わる荷重が12kg以下、あるいは純正のセンサー付チャイルドセイフティシートが装着されている場合、助手席エアバッグの作動を行なわないようにする仕組みである。新型「V230」の価格は395.0万円だ。

国産メーカーもどうせマルチパーパスビークルを作るなら、ここまで腹をすえて大型化をすべきかもしれません。たしかに乗ると広くて快適です、ドライバー以外は。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな装いの新グレード登場 2016.6.1 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Vクラス」に一部改良を実施。排出ガスの後処理に用いる尿素水溶液のタンクを拡大することで、約2万kmの距離を補充なしで走ることが可能となった。同時にスポーティーな内外装が特徴の新グレード「V220dスポーツ ロング」を追加した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表NEW 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
ホームへ戻る