メルセデス、「V280」を新発売

1999.05.26 自動車ニュース
 
 
990526_043.gif

メルセデス、「V280」を新発売(5/26)

メルセデスベンツ日本では、大型マルチパーパスビークル「Vシリーズ」に「V280」を追加、520.0万円で夏から発売する。

「V280」は専用に開発されたというV型6気筒SOHCエンジンを搭載、最高出力は174馬力となる。トランスミッションは電子制御4段オートマチックだ。装備の面でもより豪華になっており、本革シート、本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブ、さらに収納式センターテーブルとクールボックスをサードシート中央部に設けている。

同時に「V230」もマイナーチェンジをうけた。2.3リッター直列4気筒DOHCエンジンは基本は同じだが、あらたにバリアブルバルブタイミング機構を与えられたことに加え、エンジン統合マネージメントシステムの改良でトルク特性と燃焼効率が向上している。トルクはこれまでの21.4kgm/4000rpmから、21.9kgm/3500〜4500rpmとなっている。

外観上は、フロントグリルとアルミホイールのデザインが変更されたことをはじめ、サイドシル、ドアハンドル、バンパーがボディ同色化された。内装面ではステアリングホイール、メーターパネル、スイッチが新デザインとなったことに加え、レイアウトが一部変更されている。

安全装備としては、助手席にシートセンサー/チャイルドセイフティシートセンサーが備わったのが新しい。助手席に加わる荷重が12kg以下、あるいは純正のセンサー付チャイルドセイフティシートが装着されている場合、助手席エアバッグの作動を行なわないようにする仕組みである。新型「V230」の価格は395.0万円だ。

国産メーカーもどうせマルチパーパスビークルを作るなら、ここまで腹をすえて大型化をすべきかもしれません。たしかに乗ると広くて快適です、ドライバー以外は。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • メルセデス・ベンツV250ブルーテック アバンギャルド(FR/7AT)【海外試乗記】 2014.4.21 試乗記 レジャーカーや送迎車としても重宝される、乗れて積めるメルセデス・ベンツきってのワークホースこと「Vクラス」がフルモデルチェンジ。その進化のキモとは?
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る