メルセデス、V8搭載の「ML430」を追加

1999.05.27 自動車ニュース
 
 
990527_049.gif

メルセデス、V8搭載の「ML430」を追加(5/27)

メルセデスベンツ日本ではSUV「Mクラス」にV8エンジン搭載の「ML430」を追加設定、5月25日より発売した。

「メルセデスベンツML430」は4.3リッターのV型8気筒SOHCを搭載、それにフルタイム4WDシステムを組み合わせたモデルだ。最高出力は272馬力で、トランスミッション電子制御5段オートマチックだ。性能の向上にともない、ブレーキディスクは大径化されている。価格は720.0万円だ。

外装はバンパー、サイドモール、ドアミラーがボディ同色となることをはじめ、新デザインの17インチアルミホイールを特徴としている。室内装備は、ウォールナットパネル、本革シート、さらにポップアップ式ガラススライディングルーフや前席シートヒーターを標準で備えている。

ホイールベースは2820ミリ、ボディサイズは全長x全幅x全高=4600x1835x1820ミリだ。乗車定員は5名である。

ボディ同色バンパーを与えられて背の高いぶん、スゴミがきいてきました。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • 「メルセデスAMG G63」に右ハンドル仕様が登場 2017.6.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月7日、「メルセデスAMG G63」に右ハンドル仕様を追加設定し、販売を開始した。同社がAMGモデルの販売を始めた2001年以降で、「Gクラス」のAMGモデルとしては初の右ハンドル仕様となる。価格は1971万円。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ホンダ、新型「アコード」の情報を先行公開 2017.6.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年6月19日(現地時間)、ミドルサイズセダン「アコード」の新型を同年7月14日に初公開すると発表し、コンセプトスケッチを公開した。
ホームへ戻る