【スペック】全長×全幅×全高=5010×1895×1390mm/ホイールベース=2970mm/車重=1880kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(320ps/5800rpm、45.9kgm/1300-4500rpm)/価格=986万円(テスト車=1108万2000円)

BMW 640iグランクーペ(FR/8AT)【試乗記】

ドアが増えてもカッコが命 2012.07.25 試乗記 BMW 640iグランクーペ(FR/8AT)
……1108万2000円
「6シリーズ」に新しくラインナップされた「グランクーペ」。2ドアクーペがベースとなるBMWのラグジュアリー4ドアクーペは巨匠 徳大寺有恒にどう映ったのか。

「6シリーズ」といえば

松本英雄(以下「松」):今日の試乗車は、「BMW 6シリーズ」に新たに加わった「640iグランクーペ」です。
徳大寺有恒(以下「徳」):メルセデスの初代「CLS」に始まる背の低い「4ドアクーペ」が、BMWにもようやく登場したというわけだな。
松:ええ。現行6シリーズは2ドアクーペより先にカブリオレが登場しましたが、そもそも6シリーズといえば2ドアクーペが基本ですよね。
徳:うん。

松:同じ背の低い4ドアクーペでも、「メルセデス・ベンツCLS」や「フォルクスワーゲンCC」のようなセダンベースではなく、グランクーペは2ドアクーペからの派生というところが、スポーティーなBMWらしいじゃないですか。
徳:そうだな。アストン・マーティンが「DB9」をベースに「ラピード」を作ったようなものか。もっとも、6シリーズはあそこまで高級ではないが。

松:ところで、6シリーズといえば、かつて巨匠は「世界一美しいクーペ」と呼ばれていた初代に乗ってたんでしょう?
徳:ああ、2台乗ったよ。最初のは「633CSi」で、中身はノーマルなんだけど、ボディーにはアルピナストライプが入っていた。

松:一時期よく見かけた「なんちゃってアルピナ仕様」ですね(笑)。どうでした?
徳:これが遅くてさ。BMWの直6だからエンジンはとてもスムーズなんだけど、ちょっと飛ばそうとすると、車重に対してパワーが足りなかったんだな。癪(しゃく)だからチューンしようかと考えていたところ、遅くてもいいから欲しいという友人が現れたんで譲ったんだ。

松:もう1台は?
徳:「635CSi」。知り合いが乗ってたクルマで、内外装がきれいだったから調子いいだろうと思って譲り受けてみたら、パワートレインが相当くたびれてた。だから、これもあんまり乗らなかったな。

松:つまり2台ともハズレだったってことですか?
徳:そういうことになるな。でも、俺の見る目がなかったんだから、しょうがない。

松:自己責任ってわけですね。さて、グランクーペに話を戻すと、この種の4ドアクーペのルーツというと、どのあたりになるんでしょうね? 日本の「トヨタ・カリーナED」という説もあるようですが。
徳:そうだなあ、古くは1960年代の「ローバーP5」に4ドアサルーンのルーフを低めた、その名も「クーペ」があったな。あとはアストンの「ラゴンダ」とか、アメリカで50年代から登場した4ドアハードトップの背の低いヤツとか。
松:なるほど。

徳:でもまあ、背の低い4ドアが大流行したのは80年代後半から90年代にかけての日本だけだよ。それは間違いない。(笑)
松:というところで、クルマを見に行きましょうか。

「6シリーズ」は、2011年2月に「カブリオレ」(写真中央)、同年8月に「クーペ」(写真奥)が日本に導入されており、これに続く第3のバリエーションとして登場した「グランクーペ」(写真手前)は、BMW初のラグジュアリー4ドアクーぺとなる。
「6シリーズ」は、2011年2月に「カブリオレ」(写真中央)、同年8月に「クーペ」(写真奥)が日本に導入されており、これに続く第3のバリエーションとして登場した「グランクーペ」(写真手前)は、BMW初のラグジュアリー4ドアクーぺとなる。
1976年にデビューした初代「BMW 6シリーズ」。当初は直6SOHC3リッターの「630CS」と3.2リッターの「633CSi」の2種で、78年に「633CSi」に代わって3.5リッターの「635CSi」(写真)が登場した。
1976年にデビューした初代「BMW 6シリーズ」。当初は直6SOHC3リッターの「630CS」と3.2リッターの「633CSi」の2種で、78年に「633CSi」に代わって3.5リッターの「635CSi」(写真)が登場した。
4ドアながら「クーペ」を名乗った「ローバーP5」。「P5」はコードネームで、1962年に3リッター直6エンジンを積んだ正式名称「ローバー3リッター クーペ」として登場、67年にエンジンを3.5リッターV8に換装し、車名も「ローバー3.5リッター クーペ」(写真)に改めた。
4ドアながら「クーペ」を名乗った「ローバーP5」。「P5」はコードネームで、1962年に3リッター直6エンジンを積んだ正式名称「ローバー3リッター クーペ」として登場、67年にエンジンを3.5リッターV8に換装し、車名も「ローバー3.5リッター クーペ」(写真)に改めた。
 
BMW 640iグランクーペ(FR/8AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • BMW 640iグランクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2012.6.25 試乗記 BMW 640iグランクーペ(FR/8AT)
    ……1121万6000円

    「カブリオレ」「クーペ」に続く「6シリーズ」の派生モデルとして登場した「6シリーズ グランクーペ」。BMW初となる“ラグジュアリー4ドアクーペ”の走りを試した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW、新型「6シリーズ グランクーペ」を発売 2012.6.5 自動車ニュース BMWジャパンは2012年6月5日、「6シリーズ」の新しい4ドアモデル「6シリーズ グランクーペ」を発表。同日販売を開始した。
  • BMWの創立100周年を記念する「6シリーズ グランクーペ」限定発売 2016.11.8 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月8日、「6シリーズ グランクーペ」の特別仕様車「640iグランクーペ Celebration Edition“Exclusive Sport”(セレブレーションエディション エクスクルーシブスポーツ)」を発表した。同年11月19日に33台限定で発売する。
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMW 6シリーズ、フロントデザイン刷新して登場 2015.6.26 自動車ニュース 新たに「Mスポーツ」を追加設定。一部改良を受けた「BMW 6シリーズ」が登場。
  • BMWアクティブハイブリッド7 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.7 試乗記 BMWアクティブハイブリッド7 Mスポーツ(FR/8AT)
    ……1308万1000円

    「7シリーズ」のマイナーチェンジを機に、「アクティブハイブリッド7」が大きく進化した。1モーター2クラッチ方式のフルハイブリッドカーとなった新型の走りはいかに。
ホームへ戻る