VW、「ポロ」の外観を一部変更

1999.05.27 自動車ニュース
 
 
990527_050.gif

VW、「ポロ」の外観を一部変更(5/27)

フォルクスワーゲンジャパンは「フォルクスワーゲンポロ」の外観を一部変更し、5月25日より発売した。同時に2ドアの価格が引き下げられた。

フォルクスワーゲンジャパンが導入する新しい「ポロ」の特徴は、ヨーロッパ仕様のフルカラード一体型大型バンパーと、そこにビルトインされたフォグランプを採用したところにある。

「ポロ」は1.6リッター4気筒SOHCエンジンと4段ATを搭載している。ボディは4ドア(186.5万円)と、2ドア(170.0万円)で、とくに2ドアは従来より6.5万円、価格が引き下げられている。

ゴルフが幅広いモデル展開をし、ニュービートルが上陸間近というなかにあって、うずもれていた感もある「ポロ」。よく出来たクルマだし、価格競争力もあるし、もういちどブレークしてもよいのでは。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る