VW、「ポロ」の外観を一部変更

1999.05.27 自動車ニュース
 
 
990527_050.gif

VW、「ポロ」の外観を一部変更(5/27)

フォルクスワーゲンジャパンは「フォルクスワーゲンポロ」の外観を一部変更し、5月25日より発売した。同時に2ドアの価格が引き下げられた。

フォルクスワーゲンジャパンが導入する新しい「ポロ」の特徴は、ヨーロッパ仕様のフルカラード一体型大型バンパーと、そこにビルトインされたフォグランプを採用したところにある。

「ポロ」は1.6リッター4気筒SOHCエンジンと4段ATを搭載している。ボディは4ドア(186.5万円)と、2ドア(170.0万円)で、とくに2ドアは従来より6.5万円、価格が引き下げられている。

ゴルフが幅広いモデル展開をし、ニュービートルが上陸間近というなかにあって、うずもれていた感もある「ポロ」。よく出来たクルマだし、価格競争力もあるし、もういちどブレークしてもよいのでは。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • スズキ、新型クロスオーバーの「クロスビー」を発表 2017.12.25 自動車ニュース スズキが新型車「XBEE(クロスビー)」を発表。ワゴンとSUVの融合をうたったクロスオーバーモデルで、コンパクトでありながら大人5人が乗れる居住性と積載性を実現。180mmの最低地上高と走行モード切り替え機構により、十分な走破性もかなえているという。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ 2017.12.25 画像・写真 第45回東京モーターショーで注目を集めたスズキのコンパクトクロスオーバー「XBEE(クロスビー)」が、早くも市販モデルとしてデビュー。ワゴンの使い勝手とSUVのデザイン、走破性を併せ持つというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る