「ギャラン」「アスパイア」に新グレード

1999.05.27 自動車ニュース
990527_047.gif

「ギャラン」「アスパイア」に新グレード(5/27)

三菱自動車は「ギャラン」「アスパイア」に新グレード「ビバーチェ」を追加した。量販グレード「VR-G」の装備を充実させたもの。

三菱自動車が「ギャラン」「アスパイア」に設定した「ビバーチェ」は、1.8リッターGDIエンジンを搭載する量販グレード「VR-G」をベースに、内外装の装備を充実させたものだ。

追加された装備は、インテリアではブラウンとベージュのツートーンで統一された内装カラー、スポーツ&リラックスタイプのシート、運転席ハイトアジャスターなど。レオスタット付ハイコントラストメーターも採用されている。

外装では195/65R15タイヤと15インチアルミホイールが装着されているのが特徴だ。駆動方式は両車ともFFとフルタイム4WDが設定されている。

価格は「ビバーチェ2WD」が199.8万円、「ビバーチェ4WD」が219.8万円。なお、「ギャラン」「アスパイア」シリーズにおいては、「VR-4タイプS」に5MT仕様の追加、2.4リッターGDIエンジンの燃費向上(FF車)などの改良も同時に行われている。三菱では今回のモデル追加と改良にともない、販売目標をギャラン全体で月1000台、アスパイア全体で月200台としている。

ギャランとアスパイアというのは、名前と販売チャンネル以外に、ほとんど違いのない兄弟車だ。明らかにどちらかいっぽうは「必要のない」クルマだと思うのですが。(Web CG スヤマ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。