ヤナセ、本革シートの「アストラ」限定発売

1999.05.27 自動車ニュース
 
 
990527_048.gif

ヤナセ、本革シートの「アストラ」限定発売(5/27)

ヤナセは「オペルアストラ」に特別限定車「アストラエディション100」を設定、6月5日より発売する。本革シートやアルミホイールを装備している。

「アストラエディション100」はオペル車生産100周年を記念して設定されたモデルで、 1.8リッターCDハッチバックとCDワゴンをベースにしている。特別装備として、本革張りスポーツシート、15インチアルミホイール、ウッドのセンターコンソールパネル、ウッド調シフトノブ、助手席高さ調節式シート、前席シートヒーター、8スピーカーシステム、100周年記念エンブレムなどを与えられている。

「アストラエディション100」ハッチバックの価格は251.0万円、同ワゴンは266.0万円だ。「ベース車の17万高におさえたお買い得感」をヤナセでは謳っている。6月5日と6日に開催されるヤナセナイスデイフェアより販売が開始される。

オペルの出発点はマシンではなくミシンである(英語では同じだけど)。世界最高峰の二輪メーカー、ドゥカーティの出発点はラジオである。つまり、なにから始めるかではなく、成長する過程で何をするか、のほうが重要なのである。よくわからないが。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2004.11.1 試乗記 オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……291万2500円/334万9500円

    可変ダンパー「CDC」、2リッターターボ+6MTを武器に、オペルが強豪ひしめくセグメントに送り込むニューモデル「アストラ」。スポーティさでイメージ転換を図るブリッツマークのニューモデルに、『webCG』記者が試乗した。


  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)【海外試乗記(後編)】 2004.4.29 試乗記 オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)

    多彩な電子制御を搭載するオペルのニューコンパクト「アストラ」。試乗に供されたのは、1.6と2リッターの2車種だった。南仏から、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が報告する。


  • オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)【海外試乗会(前編)】 2004.4.28 試乗記 オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)

    2003年のフランクフルトショーで登場、新たなイメージをアピールしたオペルのニュー「アストラ」。競争激甚なファミリーカー市場に挑戦するニューカマーの武器は何なのか? 『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が報告する。


  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


ホームへ戻る