装備が増えた新型「ディスカバリー」、発売

1999.05.27 自動車ニュース
 
 
990527_051.gif

装備が増えた新型「ディスカバリー」、発売(5/27)

ローバーグループジャパンは、「ランドローバーディスカバリー」をフルモデルチェンジし、6月12日より発売する。価格は439.9万円からだ。

新型「ランドローバーディスカバリー」はエンジニアリングから生産いたるまで、大幅な改良をほどこされたクロスカントリーモデルだ。最大の特徴は、新技術の数かずをとりいれているところにある。

「ACE(アクティブコーナリングエンハンスメント)」はオンロードでの走行安定性を向上させる安全システムだ。電子制御された油圧システムを用いてコーナリングの際にボディのロールを最適制御しトラクションを確保するという。

「SLS(セルフレベリングサスペンション)」は車高を自動的に調整するシステムだ。「ACE」の連携でリアサスペンションの高さを常時調節するという。オフロードではデパーチャーアングルが最大になるまでリアを上げることもできる。

「ETC(電子制御トラクションコントロール)」はフルタイム4WDシステムと組み合わせられ、4つの車輪のトラクションを最適制御する。

「HDC(ヒルディセントコントロール)」は一定の速度をたもつ装置だ。ホイールスピードをつねにチェックしながら車速を調整するHDCを急斜面や凍結路面において作動させることで、ドライバーはハンドル操作に神経を集中させることができるという。

ラインナップは3つのモデルから構成されている。5人乗りの「XS」(439.9万円)、7人乗りの「XS plus」(454.9万円)、そして7人乗りで装備が最も豊富な「ES」(489.9万円)だ。2540ミリのホイールベースをもつシャシーに、185馬力の4リッターV型8気筒OHVエンジン、さらに電子制御4ATという組み合わせは共通だ。

ここで写真をお見せすることはできないのですが、3列目シートがすごくリッパになりました。シート形状や表皮の雰囲気がドイツ車っぽいと感じるのは、私だけか?(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
ディスカバリーランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • BMW X3 xDrive 30d(4WD/8AT)/X3 M40i(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.11.9 試乗記 BMWのミドルサイズSUV「X3」がフルモデルチェンジ。キープコンセプトの見た目とは裏腹に、3代目となる新型は注目すべき新機軸にあふれていた。ポルトガル・リスボンからのリポート。
  • スペシャルな外装の「レンジローバーSVOデザインエディション」登場 2017.11.17 自動車ニュース
  • ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(... 2017.6.26 試乗記