三菱、「レグナム」に2つの新グレード

1999.05.28 自動車ニュース
990528_055.gif

三菱、「レグナム」に2つの新グレード(5/28)

三菱自動車は「レグナム」に2つのグレードを追加した。装備を豪華にした「24ST-L」と、アメリカンカスタムの「24カスタム」だ。

5月24日に「レグナム」に追加されたのは、「24ST」と「24カスタム」の2つのグレード。どちらも2.4リッターGDIエンジンを搭載する量販グレード「24ST」をベースにしており、「24ST-L」は装備を充実させたもので、「24カスタム」はいわゆるアメリカンなカスタマイズを施したものだ。駆動方式は両グレードともに2WD(FF)とフルタイム4WDが設定されている。

「24ST-L」では、おもにインテリアの充実が図られている。内装はブラウンとベージュの内装色で統一し、革巻ステアリングホイール、ウッドタイプのシフトノブやパーキングブレーキレバーを与えている。また運転席パワーシートやレオスタット付ハイコントラストメーターといった機能装備も追加している。

「24カスタム」は、流行の「アメリカンローライダー」風に手を加えたモデルだ。外観では10mmローダウンされたサスペンションを装備し、お約束のスムージング加工されたフロントバンパーとビレットグリルを与え、大型サイドエアダムと16インチのホイールも装備している。インテリアでは内装色をブラック基調とし、シートにはニットとシルクプロテインレザー素材を用いている。また専用のアルミ調センターパネルやチタン調メッキシフトパネルも装備している。

価格は「24ST-L」の2WDが240.0万円、同4WDが260.0万円。「24カスタム」の2WDが226.0万円、同4WDが246.0万円となっている。なお今回のグレード追加にともない、レグナムには「VR-4タイプS」に5MT仕様の追加や、2.4リッターGDIエンジンの燃費向上(FF)などの改良も施された。

ビレットグリルとスムージングの「アメリカンローライダー」は、個人的にはもう食傷気味ですが。まだまだ売れるんですかね。(Web CG スヤマ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。