ダイハツ、軽の福祉車両を発売

1999.05.28 自動車ニュース
 
 
990528_053.gif

ダイハツ、軽の福祉車両を発売(5/28)

ダイハツは福祉車両「フレンドシップシリーズ」として「ムーヴ」「ハイゼット」をベースにしたものを3車種発売した。

ダイハツが5月21日に発売したのは、福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「ムーヴ スローパー」「ムーヴ フロントシートリフト」「ハイゼット リアシートリフト」の3車種。いずれも足腰の弱いひとや車イス利用者の乗り降りをしやすくし、介護するひとの負担を減らすことを目的に作られている。1998年10月に、新規格に合わせてモデルチェンジされた「ムーヴ」と「ハイゼット」がベースとなっている。

「ムーヴ スローパー」は、リアゲートにスロープを設けて、車イスのまま車内に乗り込めるようにしたモデル。今回のモデルでは、80mmの後輪車高ダウン機構を装備したことによって、スロープの傾斜が緩くなり、車イスのままでの乗車が楽にできるようになったのが特徴だ。室内には車イス固定装置、車イス乗車用シートベルトを装備しており、車イスに乗る人の安定性を高めている。車イスを折りたたんで使用する時は4名乗車も可能だ。

「ムーヴ フロントシートリフト」は、助手席に電動シートリフト機構を備えたモデル。足腰が弱く、車の乗り降りがしにくいひとのための車だ。ドアの開口角度も大きくされ、乗り降りしやすくなっている。リフトシートには胸部固定用ベルトや左右アームレストも装着され、乗り降りのさいの安定性を高めている。荷室には車イス固定用フックとベルトも用意されている。

「ハイゼット リアシートリフト」は、上のムーヴ同様の電動シートリフト機能を、左側後席に設けたモデル。リフトシートには胸部固定ベルトと右側アームレストを装備する。荷室の車イス固定用フックとベルトも標準装備されている。

価格は「ムーヴ スローパー」(FF)が153.0万円、「ムーヴ フロントシートリフトFF」は141.1万円、同4WDが155.1万円。「ハイゼット リアシートリフトFF」は139.3万円、同4WDが150.6万円となっている。

最近は各社とも福祉車両が充実してきました。喜ばしいことだと思います。ただ、購入資金補助や減税などの措置がもっと行われるべきだと思いますが。(Web CG スヤマ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る