ダイハツ、軽の福祉車両を発売

1999.05.28 自動車ニュース
 
 
990528_053.gif

ダイハツ、軽の福祉車両を発売(5/28)

ダイハツは福祉車両「フレンドシップシリーズ」として「ムーヴ」「ハイゼット」をベースにしたものを3車種発売した。

ダイハツが5月21日に発売したのは、福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「ムーヴ スローパー」「ムーヴ フロントシートリフト」「ハイゼット リアシートリフト」の3車種。いずれも足腰の弱いひとや車イス利用者の乗り降りをしやすくし、介護するひとの負担を減らすことを目的に作られている。1998年10月に、新規格に合わせてモデルチェンジされた「ムーヴ」と「ハイゼット」がベースとなっている。

「ムーヴ スローパー」は、リアゲートにスロープを設けて、車イスのまま車内に乗り込めるようにしたモデル。今回のモデルでは、80mmの後輪車高ダウン機構を装備したことによって、スロープの傾斜が緩くなり、車イスのままでの乗車が楽にできるようになったのが特徴だ。室内には車イス固定装置、車イス乗車用シートベルトを装備しており、車イスに乗る人の安定性を高めている。車イスを折りたたんで使用する時は4名乗車も可能だ。

「ムーヴ フロントシートリフト」は、助手席に電動シートリフト機構を備えたモデル。足腰が弱く、車の乗り降りがしにくいひとのための車だ。ドアの開口角度も大きくされ、乗り降りしやすくなっている。リフトシートには胸部固定用ベルトや左右アームレストも装着され、乗り降りのさいの安定性を高めている。荷室には車イス固定用フックとベルトも用意されている。

「ハイゼット リアシートリフト」は、上のムーヴ同様の電動シートリフト機能を、左側後席に設けたモデル。リフトシートには胸部固定ベルトと右側アームレストを装備する。荷室の車イス固定用フックとベルトも標準装備されている。

価格は「ムーヴ スローパー」(FF)が153.0万円、「ムーヴ フロントシートリフトFF」は141.1万円、同4WDが155.1万円。「ハイゼット リアシートリフトFF」は139.3万円、同4WDが150.6万円となっている。

最近は各社とも福祉車両が充実してきました。喜ばしいことだと思います。ただ、購入資金補助や減税などの措置がもっと行われるべきだと思いますが。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
ムーヴダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
ホームへ戻る