ダイハツ、軽の福祉車両を発売

1999.05.28 自動車ニュース
 
 
990528_053.gif

ダイハツ、軽の福祉車両を発売(5/28)

ダイハツは福祉車両「フレンドシップシリーズ」として「ムーヴ」「ハイゼット」をベースにしたものを3車種発売した。

ダイハツが5月21日に発売したのは、福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「ムーヴ スローパー」「ムーヴ フロントシートリフト」「ハイゼット リアシートリフト」の3車種。いずれも足腰の弱いひとや車イス利用者の乗り降りをしやすくし、介護するひとの負担を減らすことを目的に作られている。1998年10月に、新規格に合わせてモデルチェンジされた「ムーヴ」と「ハイゼット」がベースとなっている。

「ムーヴ スローパー」は、リアゲートにスロープを設けて、車イスのまま車内に乗り込めるようにしたモデル。今回のモデルでは、80mmの後輪車高ダウン機構を装備したことによって、スロープの傾斜が緩くなり、車イスのままでの乗車が楽にできるようになったのが特徴だ。室内には車イス固定装置、車イス乗車用シートベルトを装備しており、車イスに乗る人の安定性を高めている。車イスを折りたたんで使用する時は4名乗車も可能だ。

「ムーヴ フロントシートリフト」は、助手席に電動シートリフト機構を備えたモデル。足腰が弱く、車の乗り降りがしにくいひとのための車だ。ドアの開口角度も大きくされ、乗り降りしやすくなっている。リフトシートには胸部固定用ベルトや左右アームレストも装着され、乗り降りのさいの安定性を高めている。荷室には車イス固定用フックとベルトも用意されている。

「ハイゼット リアシートリフト」は、上のムーヴ同様の電動シートリフト機能を、左側後席に設けたモデル。リフトシートには胸部固定ベルトと右側アームレストを装備する。荷室の車イス固定用フックとベルトも標準装備されている。

価格は「ムーヴ スローパー」(FF)が153.0万円、「ムーヴ フロントシートリフトFF」は141.1万円、同4WDが155.1万円。「ハイゼット リアシートリフトFF」は139.3万円、同4WDが150.6万円となっている。

最近は各社とも福祉車両が充実してきました。喜ばしいことだと思います。ただ、購入資金補助や減税などの措置がもっと行われるべきだと思いますが。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA”(FF/CVT)/ムーヴX“SA”(FF/CVT)【試乗記】 2015.1.9 試乗記 これからの軽ワゴンは「走り」で勝負? 軽市場における王座奪還のため、ダイハツが満を持して投入した新型「ムーヴ」の実力を試した。
ホームへ戻る