F1観戦のバイブル本、発売

1999.05.28 自動車ニュース
990528_052.gif

F1観戦のバイブル本、発売(5/28)

F1に関する幅広い情報を網羅した本が発売された。「F1をより面白くみるため」に必要なキーワード、知識を用語集のかたちにしてまとめたものだ。

『川井チャンのF単』(山海堂、税別1200円)は、ピットリポーターでおなじみの川井一仁氏が監修した本だ。フジテレビのF1中継を11年間続けてきた同氏が、レース中に伝えきれなかった用語の意味や、F1の歴史的な背景などを事細かに説明している。

同書の中心的な部分が、F1に関する用語を辞典風にまとめた「F1中継によくでる721語」だ。ここでは人物、技術用語、サーキットのコーナー名、マシンの挙動についてなどが50音順に列挙されており、テレビ中継で分からなかった用語を調べるときに重宝する。

また今年のF1を見る上でのガイドブック的要素も備えている。今年出場しているドライバーのプロフィールや成績、チームのホームページアドレス、各サーキットでのエンジン全開率、レース戦略やルールなどにも触れられており、ビギナーからマニアまでが楽しめるようになっている。

この本はF1初心者にもわかりやすく出来ていますが、いっぽうで各エンジンのVバンク角度を紹介していたり、和訳されたレギュレーションブックには丁寧な解説が添えられていたり、実にマニア向けでもあります。F1を広く深く見たいかたにオススメの一冊です。(Web CG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。