フォード、V6搭載の新型「マスタング」発売

1999.06.01 自動車ニュース
 
 
990601_003.gif

フォード、V6搭載の新型「マスタング」発売(6/1)

フォードセールスジャパンでは、「マスタング」のモデルチェンジをおこない、5月24日より発売した。エンジン出力があがり、安全性が向上したのが特徴だ。

新型「フォードマスタング」はクーペとコンバーチブルの2つのボディが用意されている。エンジンは出力が従来より48馬力あがり193馬力になった3.8リッターV6で、トランスミッションは4段オートマチックとなる。ハンドル位置は左のみだ。価格はクーペが290.0万円、コンバーチブルが375.0万円である。

新型「マスタング」におけるハードウェアの特徴として、まずシャシー剛性が約18パーセント向上していることがあげられる。さらにサスペンションはストロークが伸ばされ乗り心地がより快適になった。騒音、振動、ハーシュネスも取り付け部分の見直しや音吸収材の採用で向上したとされる。安全装備としては、「マスンタング」初のトラクションコントロールおよびアルミ製ツインピストンキャリパーを採用したフロントブレーキが注目に値するものだ。ABSや前席左右のエアバッグシステムも標準装備されている。

同時に高性能版「マスタングコブラ」も限定発売された。324馬力の最高出力をもつ4.6リッターV8DOHCエンジン、5段マニュアルトランスミッション、独立懸架リアサスペンション、17インチアルミホイール、ブレンボ製フロントディスクブレーキ、LSD、本革スポーツシートをはじめとする専用装備が用意されている。ボディはクーペのみで、価格は420.0万円だ。

同じシャシーを使いまわして「新車」をつくる、というのは自動車メーカーにとって一種の夢ではないだろうか。お金がかからないから。その意味で「マスタング」、どこまで続くかが見ものである。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る