フォード、V6搭載の新型「マスタング」発売

1999.06.01 自動車ニュース
 
 
990601_003.gif

フォード、V6搭載の新型「マスタング」発売(6/1)

フォードセールスジャパンでは、「マスタング」のモデルチェンジをおこない、5月24日より発売した。エンジン出力があがり、安全性が向上したのが特徴だ。

新型「フォードマスタング」はクーペとコンバーチブルの2つのボディが用意されている。エンジンは出力が従来より48馬力あがり193馬力になった3.8リッターV6で、トランスミッションは4段オートマチックとなる。ハンドル位置は左のみだ。価格はクーペが290.0万円、コンバーチブルが375.0万円である。

新型「マスタング」におけるハードウェアの特徴として、まずシャシー剛性が約18パーセント向上していることがあげられる。さらにサスペンションはストロークが伸ばされ乗り心地がより快適になった。騒音、振動、ハーシュネスも取り付け部分の見直しや音吸収材の採用で向上したとされる。安全装備としては、「マスンタング」初のトラクションコントロールおよびアルミ製ツインピストンキャリパーを採用したフロントブレーキが注目に値するものだ。ABSや前席左右のエアバッグシステムも標準装備されている。

同時に高性能版「マスタングコブラ」も限定発売された。324馬力の最高出力をもつ4.6リッターV8DOHCエンジン、5段マニュアルトランスミッション、独立懸架リアサスペンション、17インチアルミホイール、ブレンボ製フロントディスクブレーキ、LSD、本革スポーツシートをはじめとする専用装備が用意されている。ボディはクーペのみで、価格は420.0万円だ。

同じシャシーを使いまわして「新車」をつくる、というのは自動車メーカーにとって一種の夢ではないだろうか。お金がかからないから。その意味で「マスタング」、どこまで続くかが見ものである。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2013.5.20 試乗記 モデルライフもそろそろ終盤の「フォード・マスタング」に、アシを鍛えた限定モデルが登場。 メーカーこだわりのシャシーの妙味を、スティックシフトで味わった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
ホームへ戻る