フォード、V6搭載の新型「マスタング」発売

1999.06.01 自動車ニュース
 
 
990601_003.gif

フォード、V6搭載の新型「マスタング」発売(6/1)

フォードセールスジャパンでは、「マスタング」のモデルチェンジをおこない、5月24日より発売した。エンジン出力があがり、安全性が向上したのが特徴だ。

新型「フォードマスタング」はクーペとコンバーチブルの2つのボディが用意されている。エンジンは出力が従来より48馬力あがり193馬力になった3.8リッターV6で、トランスミッションは4段オートマチックとなる。ハンドル位置は左のみだ。価格はクーペが290.0万円、コンバーチブルが375.0万円である。

新型「マスタング」におけるハードウェアの特徴として、まずシャシー剛性が約18パーセント向上していることがあげられる。さらにサスペンションはストロークが伸ばされ乗り心地がより快適になった。騒音、振動、ハーシュネスも取り付け部分の見直しや音吸収材の採用で向上したとされる。安全装備としては、「マスンタング」初のトラクションコントロールおよびアルミ製ツインピストンキャリパーを採用したフロントブレーキが注目に値するものだ。ABSや前席左右のエアバッグシステムも標準装備されている。

同時に高性能版「マスタングコブラ」も限定発売された。324馬力の最高出力をもつ4.6リッターV8DOHCエンジン、5段マニュアルトランスミッション、独立懸架リアサスペンション、17インチアルミホイール、ブレンボ製フロントディスクブレーキ、LSD、本革スポーツシートをはじめとする専用装備が用意されている。ボディはクーペのみで、価格は420.0万円だ。

同じシャシーを使いまわして「新車」をつくる、というのは自動車メーカーにとって一種の夢ではないだろうか。お金がかからないから。その意味で「マスタング」、どこまで続くかが見ものである。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
マスタングマスタング コンバーチブルフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • マックイーンのあのマスタングが復活!
    50年目の「マスタング ブリット」にアメリカ車の輝きを見た
    2018.2.5 デイリーコラム 気分はスティーブ・マックイーン! 映画史に残るカーチェイスを繰り広げた、世界一有名な「フォード・マスタング」の雄姿と、“劇中車”の50周年を記念した特別仕様車の登場に、長年にわたり銀幕を彩ってきたアメリカ車の輝きを見た。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • フェラーリ488ピスタNEW 2018.2.22 画像・写真 伊フェラーリは2018年2月21日、モータースポーツ活動から得た経験と技術をフィードバックしたスペシャルモデル「488ピスタ」を第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:3月6日~18日)で公開すると発表した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る