フォード、V6搭載の新型「マスタング」発売

1999.06.01 自動車ニュース
 
 
990601_003.gif

フォード、V6搭載の新型「マスタング」発売(6/1)

フォードセールスジャパンでは、「マスタング」のモデルチェンジをおこない、5月24日より発売した。エンジン出力があがり、安全性が向上したのが特徴だ。

新型「フォードマスタング」はクーペとコンバーチブルの2つのボディが用意されている。エンジンは出力が従来より48馬力あがり193馬力になった3.8リッターV6で、トランスミッションは4段オートマチックとなる。ハンドル位置は左のみだ。価格はクーペが290.0万円、コンバーチブルが375.0万円である。

新型「マスタング」におけるハードウェアの特徴として、まずシャシー剛性が約18パーセント向上していることがあげられる。さらにサスペンションはストロークが伸ばされ乗り心地がより快適になった。騒音、振動、ハーシュネスも取り付け部分の見直しや音吸収材の採用で向上したとされる。安全装備としては、「マスンタング」初のトラクションコントロールおよびアルミ製ツインピストンキャリパーを採用したフロントブレーキが注目に値するものだ。ABSや前席左右のエアバッグシステムも標準装備されている。

同時に高性能版「マスタングコブラ」も限定発売された。324馬力の最高出力をもつ4.6リッターV8DOHCエンジン、5段マニュアルトランスミッション、独立懸架リアサスペンション、17インチアルミホイール、ブレンボ製フロントディスクブレーキ、LSD、本革スポーツシートをはじめとする専用装備が用意されている。ボディはクーペのみで、価格は420.0万円だ。

同じシャシーを使いまわして「新車」をつくる、というのは自動車メーカーにとって一種の夢ではないだろうか。お金がかからないから。その意味で「マスタング」、どこまで続くかが見ものである。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2013.5.20 試乗記 モデルライフもそろそろ終盤の「フォード・マスタング」に、アシを鍛えた限定モデルが登場。 メーカーこだわりのシャシーの妙味を、スティックシフトで味わった。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る