日産、「プレサージュ」に新バージョン

1999.06.02 自動車ニュース
 
 
990602_005.gif

日産、「プレサージュ」に新バージョン(6/2)

日産自動車は、ミニバンの「プレサージュ」に、「パシフィーク ホワイトパールエディション」を追加。5月27日より発売した。

追加発売された「プレサージュ パシフィーク ホワイトパールエディション」における最大の特徴は、エクステリアが特別色のホワイトパール(3パールコート)に塗装されたことと、インテリアがベージュ基調に統一されたことだ。

ベースとなった「プレサージュ パシフィーク」は、日産がスポーティー志向のユーザーのために設定したグレード。フロントエアロバンパー、サイドシルプロテクター、リヤアンダースポイラーなどが標準で装備された「スポーティーエアロ仕様」となっている。

エンジンはガソリン3リッターV6の「VQ30DE」と、2.4リッター直4の「KA24DE」、それに2.5リッター直4直噴ディーゼルの「Neo Di YD25DDTi」とがある。駆動方式は3リッターがFFのみ、そのほかはFFとフルタイム4WDが設定されている。トランスミッションはすべて4段ATのコラムシフトだ。

なお価格は、2.4リッターFFの254万円から2.5リッターディーゼル4WDの303万円までとなっている。

どうして日本人は「フルエアロにホワイトパール」という組み合わせが、こうも好きなのでしょうか。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る