富士重、「レガシィ」シリーズの装備を充実

1999.06.03 自動車ニュース
 
 
990603_008.gif

富士重、「レガシィ」シリーズの装備を充実(6/3)

富士重工業では「スバルレガシィ」シリーズに一部改良をほどこし、5月24日より発売した。ツーリングワゴンにスポーツシフトが採用されるなど装備が充実した。

「スバルレガシィ」シリーズの商品改良の目的は「各グレードごとに市場の要望にきめ細かく対応」(富士重)している点にある。

目玉のひとつは、ツーリングワゴンに「GT-B E-tune」という新グレードが設定されたことだ。前に倒すとシフトアップ、手前にひくとシフトダウンというマニュアルシフト機能をもったスポーツシフトをはじめ、セダンB4に設定されているスポーツモデルRSKの足まわりをベースに専用チューニングしたサスペンション、アルミ製軽量フロントフード、専用カラードグリル、そしてブラックフェイスメーターを装備している。MT車では280馬力を発生する2リッター水平対向エンジンを搭載、フルタイム4WDシステムが組合わせられている。価格は5MTが289.8万円、スポーツシフト4ATが300.8万円だ。

安全装備の面ではMT車全車にクラッチをきらないとエンジンが始動できないクラッチスタートシステムが採用された。ピンチガード付パワーウィンドウは「ワゴンGT」系、「250T」系、そして「ランカスター」に採用された。「VDC」とよばれる高機能のトラクションコントロールシステムは「250T-V」に標準装備となる。

外観では、ヘッドランプのまわりこみ部、リアコンビネーションランプの側面部(ワゴン)をスモーク化したことをはじめ、ボンネットのキャラクターラインの見直しや車体後部のスバルマークの意匠変更など、細かく手が入れられた。

レガシィはワイドレンジでの商品展開がたたって、上級車種がいまいち上級なつくりでない、ということが感じられる。ここらでもっとターゲットをしぼりこんで、いいクルマを作ってもらいたいのですが。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィツーリングワゴン の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る