三菱、6名乗車の「タウンボックスワイド」新発売

1999.06.07 自動車ニュース
 
 
990607_017.gif

三菱、6名乗車の「タウンボックスワイド」新発売(6/7)

三菱自動車は「リッターBOXYワゴン」を謳った「タウンボックスワイド」を6月1日より発売した。6名乗車ができる。

「三菱タウンボックスワイド」は軽キャブオーバーワゴンのタウンボックスをベースに、1.1リッターエンジンを搭載、6名乗車を可能とする3列シートを設定したものだ。タウンボックスに対して、全長を210ミリ延長、全幅を60ミリ拡幅するいっぽうで、全高は80ミリさげている。

エンジンは75馬力の最高出力をもつ1.1リッター4気筒SOHCで、気筒あたり4つのバルブを備えている。トランスミッションは4段オートマチックのみで、ドライブトレインは前輪駆動と4輪駆動が用意されている。前輪駆動モデルが139.8万円、4輪駆動モデルが151.8万円となっている。

サードシートはさすがに小ぶりで、メーカー自身「4+2シート」と謳っているとおり、緊急用と考えたほうがいいかもしれない。ただ、お買い得感はあるような気がする。「いいもの長く」というスローガンといい、三菱は低成長時代に合わせた車種開発に余念がないようである。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱の軽ワンボックスがフルモデルチェンジ 2015.3.10 自動車ニュース 三菱が新型「ミニキャブ バン」「タウンボックス」を発表。3月20日に発売。
  • 「三菱エクリプス クロス」開発責任者インタビュー 2017.3.7 「三菱エクリプス クロス」がデビュー <PR> 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。開発陣はこのスタイリッシュなクーペSUVを、どのような思惑で作り上げたのか。開発を率いたプログラムダイレクターに話を伺った。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場
    2016.12.8 自動車ニュース スズキが「ハスラー」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。中間グレードの「G」をベースに、カーキ色のシート表皮やガンメタリックの外装パーツなどで各部をコーディネート。ツートンのボディーカラーにも同車専用の組み合わせが用意されている。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る