三菱、6名乗車の「タウンボックスワイド」新発売

1999.06.07 自動車ニュース
 
 
990607_017.gif

三菱、6名乗車の「タウンボックスワイド」新発売(6/7)

三菱自動車は「リッターBOXYワゴン」を謳った「タウンボックスワイド」を6月1日より発売した。6名乗車ができる。

「三菱タウンボックスワイド」は軽キャブオーバーワゴンのタウンボックスをベースに、1.1リッターエンジンを搭載、6名乗車を可能とする3列シートを設定したものだ。タウンボックスに対して、全長を210ミリ延長、全幅を60ミリ拡幅するいっぽうで、全高は80ミリさげている。

エンジンは75馬力の最高出力をもつ1.1リッター4気筒SOHCで、気筒あたり4つのバルブを備えている。トランスミッションは4段オートマチックのみで、ドライブトレインは前輪駆動と4輪駆動が用意されている。前輪駆動モデルが139.8万円、4輪駆動モデルが151.8万円となっている。

サードシートはさすがに小ぶりで、メーカー自身「4+2シート」と謳っているとおり、緊急用と考えたほうがいいかもしれない。ただ、お買い得感はあるような気がする。「いいもの長く」というスローガンといい、三菱は低成長時代に合わせた車種開発に余念がないようである。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
タウンボックス三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱の軽ワンボックスがフルモデルチェンジ 2015.3.10 自動車ニュース 三菱が新型「ミニキャブ バン」「タウンボックス」を発表。3月20日に発売。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.11.19 試乗記 フィアットが初めて手がけた“Bセグメント”のクロスオーバーSUV「500X」。1.4リッターFFモデルに試乗してわかった、走りの特徴や乗り心地、燃費などを、項目ごとに詳しく報告する。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.13 試乗記 「500」ゆずりのユニークなスタイリングが特徴のコンパクトSUV「フィアット500X」が、いよいよ日本に上陸。フィアットとクライスラーの“初めての共同作業”が生んだニューモデルの実力はいかなものか。FFの上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る