ダイハツ、快適性向上の「アトレーワゴン」発売

1999.06.07 自動車ニュース
 
 
990607_018.gif

ダイハツ、快適性向上の「アトレーワゴン」発売(6/7)

ダイハツ工業は軽のワンボックス「アトレーワゴン」を新開発、6月3日より発売した。デザインはジウジアーロだ。

「ダイハツアトレーワゴン」は、軽自動車の新規格にのっとって開発されたもので、車体がやや大ぶりになっているのに加え、衝突安全ボディが採用されている。ダイハツがTOPAZと名づけたツインカムエンジンが全車に搭載されているのも特徴だ。

RVとしての機能を充実させたと謳われているように、後席には前後300ミリのロングスライド機構およびリクライニング機構、さらに左右の席が別個に動かせる機能も備わっている。

イタリアのジョルジェットジウジアーロがデザインを手がけたボディはハイルーフとロールーフの2種類だ。ドライブトレインは前輪駆動と4輪駆動が設定されている。エンジンは660ccの直列3気筒DOHCで、48馬力のノンターボと64馬力のターボの2本立てとなっている。価格は前輪駆動ハイフーフ「CL」の106.9万円からだ。

ジウジアーロがすごかったのは、1970年代にこのような車型の必要性を唱えていたところだ。しかしどのクルマも「このような車型」となってしまったいまでは、コンセプトに斬新さを見つけるのは難しい。確認していないのだが、ダイハツでは試作モデルの段階ぐらいまでジウジアーロのイタルデザインに委託したのだろうか。そのサービスを利用するのが目的なら、メーカーにとってコスト削減が最優先課題である今日、イタルデザインとつきあうのも納得がいくことだ。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る