ジャガー、新型「Sタイプ」を600万円未満で

1999.06.08 自動車ニュース
 
 
990608_020.gif

ジャガー、新型「Sタイプ」を600万円未満で(6/8)

ジャガージャパンは新型「ジャガーSタイプ」を発表。6月7日より発売した。Eクラスがライバルのコンパクトジャガーだ。

新型「ジャガーSタイプ」は、レトロスペクティブなテイストを加味した4ドアサルーンだ。全長は現行XJシリーズより約15センチ短く、エンジンもコンパクトな3リッターV6を中心に構成されている。

価格的競争力も「Sタイプ」のセリングポイントにあげられており、「3.0V6」が「ジャガー史上はじめて600万円をきった」(ジャガージャパン・福田晴好代表取締役)と謳われる578.0万円、「3.0V6SE(スペシャルエクイプメント)」が640.0万円、「4.0V8」が763.0万円となっている。

記者会見の席上でジャガーカーズから来日したロジャーパットナム・セールス/マーケティング担当取締役は、「SタイプはメルセデスEクラスやBMW5シリーズ、そして国産のアパーミドルクラスのセグメントに向けたクルマ。現在急激な成長をしている市場なので、セールスに期待できる」といった意味のことを述べた。

もうすこし押し出しが強くてもよいのでは?と思えるくらいのアンダーステートメント(ひかえ目さ)かげんが、資本はフォードといってもジャガーが英国のメーカーたるゆえんか。明るいメタリックのほうが微妙なボディのカーブがひきたつようであります。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
Sタイプジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、大きく飛躍したジャガーの新型「XF」。2リッターディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る