プジョー、高性能モデル「206S16」を発売

1999.06.09 自動車ニュース
 
 
990609_022.gif

プジョー、高性能モデル「206S16」を発売(6/9)

インチケーププジョージャパンは、「プジョー206」シリーズにスポーツバージョン「206S16」を追加、7月2日より発売する。

「プジョー206S16」は先行発売されている206シリーズの最も上位に位置づけられる高性能モデルだ。エンジンは新開発の2リッター4気筒DOHC16バルブで、137馬力の最高出力を発生する。トランスミッションは5段マニュアルのみで、ボディは2ドアにかぎられる。価格は245.0万円だ。

「プジョー206S16」のさらなる特徴は、強化されたサスペンション、通気式フロントディスクブレーキ、専用15インチアルミホイール、フレアのついたフロントフェンダー、4灯式ヘッドランプなどがあげられる。

内装面では、シート生地が本革とアルカンタラのコンビネーションになることをはじめ、アルミのシフトノブおよびペダル類を備えている。なお外板色はチャイナブルー、ルシファーレッド、タンジェリンオレンジ、そして専用色のムーンストーングレーとなる。

このモデルを待ちかねていたひとも多いのでは。206のスタイリングはこういうスポーティグレードに最も似合う。個人的には高性能モデルなので本革シートはいらないと思うのだが。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー5008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.19 試乗記 プジョーの多人数乗車モデル「5008」が、ミニバンから3列シートのSUVに大変身。ガソリンエンジンを搭載したエントリーグレード「アリュール」の試乗を通し、「3008」のストレッチバージョンとなった新型の出来栄えを確かめた。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.11.2 試乗記 3列7人乗りシートを備えた、プジョーの新型SUV「5008」がいよいよデビュー。京都・知恩院から東京まで約500kmのドライブを経て見えてきた、同門のコンパクト版「3008」にはない、同車ならではの魅力とは?
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
ホームへ戻る