トヨタ、「プラド」の内外装をリファイン

1999.06.11 自動車ニュース
 
 
990611_027.gif

トヨタ、「プラド」の内外装をリファイン(6/11)

トヨタ自動車は、「ランドクルーザープラド」をマイナーチェンジし、6月9日より発売した。内外装変更と、快適装備充実がはかれられた。

新しくなった「トヨタランドクルーザープラド」の特徴として、外観上はマルチリフレクターヘッドランプの採用をはじめ、フロントグリル、バンパーなどの意匠変更、新外板色の設定などがあげられる。

内装面ではオプティトロンメーター、6対4の分割可倒式リアシート、イルミネーテッドエントリー機構、前席左右の照明付バニティミラーなどが採用されたことが新しい。

ラインナップはドアが2ドアと4ドア、さらにボディが標準とワイドとなる。グレードはいずれのボディにも共通して3つ設定されている。ベーシックグレードの「RS(4ドアではTS)」は従来より5馬力アップした145馬力の3リッターディーゼルターボエンジン(1KZ-TE)を搭載、ワイドボディの「RX(TX)」は1KZ-FEに加えて、150馬力の2.7リッター4気筒DOHCガソリンエンジンを搭載、その上に位置する最上級グレード「RZ(TZ)」は1KZ-TEと従来より燃費が向上した3.4リッターV6ガソリンエンジン、5VZ-FE(185馬力)を搭載している。

価格は2ドア「RS」の277.0万円から4ドアワイドボディ「TZ」ATの352.0万円までだ。

トヨタのSUVは欧州ではBMWに肉迫するほど、高いブランドイメージを確立している。エスクードですら3シリーズに匹敵するという説もあるぐらいなのだ。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザープラドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る