スズキ、「ワゴンR RR」に装備充実車を設定

1999.06.14 自動車ニュース
 
 
990614_030.gif

スズキ、「ワゴンR RR」に装備充実車を設定(6/14)

スズキは軽乗用車「ワゴンR RR(ダブルアール)」に「リミテッド」を設定、6月9日より発売した。快適装備が充実したモデルだ。

「スズキワゴンR RRリミテッド」は、4ドア版RR-Fをベースに装備を追加したモデルだ。室内装備として、2DINサイズのCDプレイヤー内蔵カセットステレオ+4スピーカー、本革巻ステアリングホイール、オートエアコンがあげられる。さらにAT車にはベンチシートとコラムシフトが採用されている。

外観上の特徴は、ボディ同色フロントグリルおよびエアインテーク、ガンメタリック色のアルミホイールなどにある。

ラインナップは前輪駆動と4輪駆動で、それぞれに5段マニュアルトランスミッションと4段オートマチックが用意されている。エンジンは共通して658cc直列3気筒+インタークーラー付ターボ(64馬力)を搭載する。

価格は、前輪駆動5MTの131.5万円から4輪駆動4ATの150.7万円までとなっている。

装備は普通乗用車なみである。軽自動車って、安い自動車のことだっけ?(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る