スズキ、スポーティな外観の「エスクード」発売

1999.06.14 自動車ニュース
 
 
990614_029.gif

スズキ、スポーティな外観の「エスクード」発売(6/14)

スズキは2リッターのSUV「エスクード」に特別限定車「S−リミテッド」を設定、6月10日より発売した。

「スズキエスクードS−リミテッド」は、JZをベースにスポーティな外観とさらなる装備をもりこんだモデルである。外観上の特徴は、サイドスプラッシュガード、235/60R16タイヤ、ルーフエンドスポイラー、専用メッキフロントグリルカバー、専用ヘッドランプガーニッシュ、専用スペアタイヤハウジング、シビエ製フォグランプ、表面光輝処理のアルミホイール、マフラーカッターなどである。

内装においては、2DINサイズのCDプレイヤー付カセットステレオ、一部プロテイン塗装されたインストゥルメントパネル、木目調シフトコンソール、撥水加工処理をほどこした専用シート表皮などが専用装備としてあげられる。前席左右のエアバッグとABSは標準装備だ。

「スズキエスクードS−リミテッド」は4ドア、4WD、4ATというモノグレードの設定で、価格は213.8万円となる。

スズキのクルマって、車種によってグリルのデザインがまちまちだ。この「エスクード」は縦線基調だけれどカルタスは横線だとか。細かいことだけれど、フロントグリルが作るメーカーのアイデンティティって重要だと思う。メルセデスのニューモデルが縦線グリルで登場したら驚くでしょう?(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る