スズキ、スポーティな外観の「エスクード」発売

1999.06.14 自動車ニュース
 
 
990614_029.gif

スズキ、スポーティな外観の「エスクード」発売(6/14)

スズキは2リッターのSUV「エスクード」に特別限定車「S−リミテッド」を設定、6月10日より発売した。

「スズキエスクードS−リミテッド」は、JZをベースにスポーティな外観とさらなる装備をもりこんだモデルである。外観上の特徴は、サイドスプラッシュガード、235/60R16タイヤ、ルーフエンドスポイラー、専用メッキフロントグリルカバー、専用ヘッドランプガーニッシュ、専用スペアタイヤハウジング、シビエ製フォグランプ、表面光輝処理のアルミホイール、マフラーカッターなどである。

内装においては、2DINサイズのCDプレイヤー付カセットステレオ、一部プロテイン塗装されたインストゥルメントパネル、木目調シフトコンソール、撥水加工処理をほどこした専用シート表皮などが専用装備としてあげられる。前席左右のエアバッグとABSは標準装備だ。

「スズキエスクードS−リミテッド」は4ドア、4WD、4ATというモノグレードの設定で、価格は213.8万円となる。

スズキのクルマって、車種によってグリルのデザインがまちまちだ。この「エスクード」は縦線基調だけれどカルタスは横線だとか。細かいことだけれど、フロントグリルが作るメーカーのアイデンティティって重要だと思う。メルセデスのニューモデルが縦線グリルで登場したら驚くでしょう?(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
エスクードスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
ホームへ戻る