VW、特別価格でちょっと古いクルマを点検

1999.06.14 自動車ニュース
990614_031.gif

VW、特別価格でちょっと古いクルマを点検(6/14)

フォルクスワーゲングループジャパンでは「オープンピットキャンペーン」を6月12日より開始した。車歴5年以上のクルマを特別価格で点検するという。

VWJの「オープンピットキャンペーン」は、メーカー純正部品や正規ディーラーでの点検サービスの信頼性を高めてもらうために行なうものという。9月30日までの期間中、キャンペーン対象の点検整備作業および部品の一部を特別価格(各ディーラーが自主設定)で提供するという。

キャンペーン対象車は、1988年から1992年のゴルフ(II)およびジェッタ、1992年から1994年のゴルフ(III)およびヴェントである。

同時にアウディジャパンでも、下記の車種を対象に同様のキャンペーンを展開する。1988年から1994年の80および80アバント、1988年から1992年の90、1988年から1994年の100および100アバント。

いまは正規ディーラーでなく民間工場で点検するひとが多いし、部品も独自のルートで仕入れているようである。ガイシャはディーラーまかせ、という常識は崩壊しているのだ。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。