ローバー、「ミニ」の40周年記念車を限定発売

1999.06.15 自動車ニュース
 
 
990615_032.gif

ローバー、「ミニ」の40周年記念車を限定発売(6/15)

ローバーグループジャパンでは「MINI 40th アニバーサリーリミテッド」を6月12日より発売した。ミニの誕生40周年を記念したモデルで、229.0万円からだ。

「MINI 40th アニバーサリーリミテッド」をローバーグループジャパンでは800台の限定で発売する。特徴としては、「40th アニバーサリー」のボネットバッジ、同オリジナルデカール、クロームの「GB」トランクバッジ、ツインフォグランプ、8本スポークアロイホイール、ボディ同色オーバーフェンダーなどを外観上の特徴としている。外板色もマルベリーレッドとアイランドブルーという専用色が用意された。

インテリアでは、外板色とマッチしたレッドおよびブルーの本革素材を、シートをはじめ、ステアリングホイール、ハンドブレーキレバーグリップなどに採用している。また特別ロゴ入り3連ホワイトメーター、シングルCDスロット付ステレオも標準で装備される。

エンジンは1271ccの4気筒で、トランスミッションは4段マニュアル(62馬力)と4段オートマチック(53馬力)が用意されている。価格は4MTが229.0万円、4ATが239.0万円である。

かつてのアニバサリーモデルを意識した外板色、というところがマニアックな選択だ。ニューミニはモンテカルロラリーにタイミングを合わせて発表、という噂もありますゾ。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る