ローバー、「ミニ」の40周年記念車を限定発売

1999.06.15 自動車ニュース
 
 
990615_032.gif

ローバー、「ミニ」の40周年記念車を限定発売(6/15)

ローバーグループジャパンでは「MINI 40th アニバーサリーリミテッド」を6月12日より発売した。ミニの誕生40周年を記念したモデルで、229.0万円からだ。

「MINI 40th アニバーサリーリミテッド」をローバーグループジャパンでは800台の限定で発売する。特徴としては、「40th アニバーサリー」のボネットバッジ、同オリジナルデカール、クロームの「GB」トランクバッジ、ツインフォグランプ、8本スポークアロイホイール、ボディ同色オーバーフェンダーなどを外観上の特徴としている。外板色もマルベリーレッドとアイランドブルーという専用色が用意された。

インテリアでは、外板色とマッチしたレッドおよびブルーの本革素材を、シートをはじめ、ステアリングホイール、ハンドブレーキレバーグリップなどに採用している。また特別ロゴ入り3連ホワイトメーター、シングルCDスロット付ステレオも標準で装備される。

エンジンは1271ccの4気筒で、トランスミッションは4段マニュアル(62馬力)と4段オートマチック(53馬力)が用意されている。価格は4MTが229.0万円、4ATが239.0万円である。

かつてのアニバサリーモデルを意識した外板色、というところがマニアックな選択だ。ニューミニはモンテカルロラリーにタイミングを合わせて発表、という噂もありますゾ。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る