スズキ、軽乗用車「エブリイワゴン」を新発売

1999.06.21 自動車ニュース
 
 
990621_039.gif

スズキ、軽乗用車「エブリイワゴン」を新発売(6/21)

スズキは軽乗用車「エブリイワゴン」を発表、6月17日より発売した。広い室内を特徴とした4人乗りだ。

「スズキエブリイワゴン」は1.8メートルを超える全高による広い室内空間を特徴としている。商用エブリイに対して、後席の取り付け位置を90ミリ後方にずらすことで居住空間に余裕をもたらしている。

装備としては、エアコン、UVカットガラスによるウィンドシールド、カセットステレオ付AM/FMラジオ、リモコン式集中ドアロックなどが標準で用意されている。

エンジンは60馬力を発生する657cc3気筒SOHC+インタークーラー付ターボチャージャーだ。床下にミドシップマウントされる。

ラインナップは「ジョイポップターボ」(119.0万円〜)と「ジョイポップエアロターボ」(143.3万円〜)からなる。前者は前輪駆動と4輪駆動からなり、いずれも5MTか3ATが選択できる。後者は前輪駆動と4輪駆動が用意されるが、トランスミッションは3段オートマチックのみだ。

ワゴンRの機能を正常進化させると、このようなクルマにいきつくのである。あまりおもしろくない進化だが。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
エブリイワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム 2017.12.14 画像・写真 スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア/スペーシア カスタム」がフルモデルチェンジ。家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという新型の姿を写真で紹介する。
  • “楽しさ”を追求した新型「スズキ・スペーシア」発売 2017.12.14 自動車ニュース スズキは2017年12月14日、軽乗用車「スペーシア/スペーシア カスタム」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。両側スライドドアを備えた使い勝手に優れる軽ハイトワゴンという魅力はそのままに、家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・スペーシア カスタムTS(FF/CVT)【試乗記】 2013.7.4 試乗記 軽ハイトワゴン「スペーシア」の派生車種「スペーシア カスタム」は、クールな外観やインテリアだけでなく、走りにもこだわりがあった。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
ホームへ戻る