スズキ、軽乗用車「エブリイワゴン」を新発売

1999.06.21 自動車ニュース
 
 
990621_039.gif

スズキ、軽乗用車「エブリイワゴン」を新発売(6/21)

スズキは軽乗用車「エブリイワゴン」を発表、6月17日より発売した。広い室内を特徴とした4人乗りだ。

「スズキエブリイワゴン」は1.8メートルを超える全高による広い室内空間を特徴としている。商用エブリイに対して、後席の取り付け位置を90ミリ後方にずらすことで居住空間に余裕をもたらしている。

装備としては、エアコン、UVカットガラスによるウィンドシールド、カセットステレオ付AM/FMラジオ、リモコン式集中ドアロックなどが標準で用意されている。

エンジンは60馬力を発生する657cc3気筒SOHC+インタークーラー付ターボチャージャーだ。床下にミドシップマウントされる。

ラインナップは「ジョイポップターボ」(119.0万円〜)と「ジョイポップエアロターボ」(143.3万円〜)からなる。前者は前輪駆動と4輪駆動からなり、いずれも5MTか3ATが選択できる。後者は前輪駆動と4輪駆動が用意されるが、トランスミッションは3段オートマチックのみだ。

ワゴンRの機能を正常進化させると、このようなクルマにいきつくのである。あまりおもしろくない進化だが。(Web CG オガワ)

 
 
関連記事
  • スズキ・スペーシア カスタムTS(FF/CVT)【試乗記】 2013.7.4 試乗記 軽ハイトワゴン「スペーシア」の派生車種「スペーシア カスタム」は、クールな外観やインテリアだけでなく、走りにもこだわりがあった。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • スズキ・スペーシア(後編) 2015.5.22 画像・写真 お化粧直しでアグレッシブに? 「スズキ・スペーシアカスタム」の姿を紹介。
  • スズキ・エブリイワゴン PZターボスペシャル(MR/4AT)【試乗記】 2005.12.14 試乗記 スズキ・エブリイワゴン PZターボスペシャル(MR/4AT)
    ……153万3000円

    フルモデルチェンジされたスズキの「エブリイワゴン」の謳い文句は、「軽のミニバン」。レジャーユースを見込んだ広さとユーティリティ。軽自動車の進化は、どこへ向かうのか。


  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る