スズキ、1.3リッター7人乗り「エブリイ+」発売

1999.06.21 自動車ニュース
 
 
990621_040.gif

スズキ、1.3リッター7人乗り「エブリイ+」発売(6/21)

スズキは7人乗りワゴン「エブリイ+(プラス)」を6月17日より発売した。コンパクトさがうりものだ。

「スズキエブリイ+(プラス)」の特徴は全長3675ミリ、全幅1505ミリのボディサイズに1.3リッターエンジンの組合わせというコンパクトさにある。それでいて3列シートを備え7名の乗車を可能にするなど、高効率パッケージがセリングポイントだ。

ボディスタイルは短いノーズがついたワンボックスタイプ、いわゆるセミキャブオーバー型で、後席は左右にスライドドアを備える。全高は1915mmもあり、ドライバーの着座位置は高い。2列目シートは独立型で、3列目シートへのウォークインが可能なレイアウトとなっている。

エンジンは85馬力の最高出力を発生する1.3リッター4気筒SOHC16バルブで、電子制御ロックアップ付き4段オートマチックトランスミッションと組み合わせられる。搭載位置は車体中央部の床下で、前輪あるいは4輪を駆動する。

装備は充実している。リモコン式集中ドアロック、前席パワーウィンドウ、チルト調節機構付パワーステアリング、カセットプレイヤー付AM/FMラジオ、エアコン、後席ヒーターなどが標準装備される。

「スズキエブリイ+(プラス)」のラインナップは、前輪駆動が141.0万円、4輪駆動が153.0万円だ。オプションでツインエアコンとサンルーフの組合わせを選ぶことができる。

小さな7人乗り、というコンセプトはなかなか斬新。さすがニッチ(すきま)に強いスズキだ。ひとつだけ注文をいわせてもらえば、この種のクルマは高級感を出そうとすると逆に貧乏くさくなるので、思いきりよくシンプルにやってもらいたい。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
エブリイワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
  • スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム 2017.12.14 画像・写真 スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア/スペーシア カスタム」がフルモデルチェンジ。家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという新型の姿を写真で紹介する。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
  • “楽しさ”を追求した新型「スズキ・スペーシア」発売 2017.12.14 自動車ニュース スズキは2017年12月14日、軽乗用車「スペーシア/スペーシア カスタム」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。両側スライドドアを備えた使い勝手に優れる軽ハイトワゴンという魅力はそのままに、家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという。
ホームへ戻る