三菱、「トッポBJ」にサンルーフ仕様車

1999.06.22 自動車ニュース
 
 
990622_044.gif

三菱、「トッポBJ」にサンルーフ仕様車(6/22)

三菱自動車は軽乗用車「トッポBJ」に「サンルーフ仕様車」を設定し、6月15日より発売した。サンルーフは電動でチルトおよびスライドする。

「三菱トッポBJサンルーフ仕様車」はトップスライダーミディアム(開口部面積165x612ミリ)とトップスライダーラージ(開口部面積257x690ミリ)の2タイプが設定されている。紫外線を「約99パーセントカット」するブラックスモークガラスが採用されているのが特徴だ。

トップスライダーミディアムは「トッポBJ」全車に、トップスライダーラージはルーフレール非装着車に設定される。価格はいずれもベース車にプラス9.8万円だ。

個人的なことを言わせていただくと、いままで所有したクルマはほとんどサンルーフがついていたほど、私はサンルーフが好きです。例外はモーガンです。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
トッポ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • スバルの「エクシーガ クロスオーバー7」がついに生産終了へ 2017.11.1 自動車ニュース
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記