VW、「ニュービートル」を239万円で発売

1999.06.23 自動車ニュース
 
 
990623_050.gif

VW、「ニュービートル」を239万円で発売(6/23)

フォルクスワーゲンジャパンでは、今秋発売される「ニュービートル」の価格を発表した。239万円からとなる。

「ニュービートル」には、115ps/5200rpmの最高出力と、17kgm/2400rpmの最大トルクを生む1984cc直列4気筒SOHCエンジンが搭載される。トランスミッションは4段オートマチックのみの設定だ。ラインナップは装備の違いで「パッケージA」(239万円)と「パッケージB」(289万円)の2タイプとなる。

「パッケージA」は、エアバッグ(運転席/助手席)、サイドエアバック(フロント)、ABS、リモコン式集中ドアロック、6スピーカー付きAM/FMカセットプレーヤー、エアコン、フォグランプ、熱線入り電動リモコンドアミラーが標準装備となる。

「パッケージB」では、「パッケージA」の装備に加えて、電動スライディングルーフ(チルトアップ機構付き)、革巻ステアリングホイール、革張りシート、前席シートヒーター、アルミホイールを標準装備する。

外装色は、シルバー、ブラック、イエロー、レッド、ブルー、グリーン、ホワイトの7色だ。内装色はファブリック2色(ブラック、グレー)とレザー2色(ブラック、ベージュ)が用意されるという。

今年9月の発売に先駆け、6月21日より全国の正規ディーラーにて、予約受付が開始されている。今年の販売予定台数は2000台だ。

大谷和利さんによると、ニュービートルを生産しているメキシコの工場が天災で被害を受けたらしい。火災だか、地震だか忘れてしまった......。いずれにしても日本仕様はだいじょうぶだろうか。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る