最強のアウディ「S4」特急インプレッション

1999.06.23 自動車ニュース
 
 
990623_052.gif

最強のアウディ「S4」特急インプレッション(6/23)

アウディジャパンが5月17日より発売した「アウディS4」に試乗した。2.7リッターツインターボエンジンにフルタイム4輪駆動システムを備えている。

「アウディS4」のエンジンは新開発の2.7リッターV6DOHC5バルブ+ツインターボチャージャーだ。小型のターボを2基装着することでレスポンスを向上させ、ターボラグを減らしたとアウディでは謳っている。バルブタイミングコントロール機構も採用されており、265ps/5800rpmの最高出力と40.8kgmの最大トルクを、1850rpmから3600rpmにかけて得ている。

外観上は、「アブスデザイン」とよばれる専用のホイールをはじめ、フォグランプ埋め込みフロントバンパーや、クセノンガス封入ヘッドランプなどが専用装備として与えられている。日本における希望小売価格は723.5万円となっている。

BMWでいうとM3に相当するような、A4ベースのハイパフォーマンス仕様が、この「S4」ですね。高出力エンジン、ヘビーデューティーな足まわり、6段マニュアルギアボックス、エアロパーツなど、専用装備が盛りだくさんです。

乗ってまず感じるのは、パワフルであり、かつ乗りやすい、ということです。とくに高速道路でのスタビリティはアウディの面目躍如たるものがあります。

ものすごく安定していて、安心して乗っていられるんですね。しかも静かだし。いっぽう、ハンドルやクラッチなどは適度に重くて、それがスポーティな味をだしている。完璧な機械というだけでなく、趣味性も備えているところが魅力でしょうか。

ただ革張りシートはいただけません。厚みが出ているせいで、着座位置が高くなり、ヘッドルームに余裕がなくなってしまってます。それにAピラーが顔に近づきすぎているのも気になる。高価格車だから革シートと言う発想はばからしいですよ。

日本では、このクルマの魅力を堪能できる機会にどれだけ恵まれるでしょうか。ブレーキ性能もすばらしいけれど、アウトバーンでのような速度が出せないとなると、もったいないくらいです。723.5万円は安い買い物じゃありませんから。

松本英雄

小川フミオ

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る