最強のアウディ「S4」特急インプレッション

1999.06.23 自動車ニュース
 
 
990623_052.gif

最強のアウディ「S4」特急インプレッション(6/23)

アウディジャパンが5月17日より発売した「アウディS4」に試乗した。2.7リッターツインターボエンジンにフルタイム4輪駆動システムを備えている。

「アウディS4」のエンジンは新開発の2.7リッターV6DOHC5バルブ+ツインターボチャージャーだ。小型のターボを2基装着することでレスポンスを向上させ、ターボラグを減らしたとアウディでは謳っている。バルブタイミングコントロール機構も採用されており、265ps/5800rpmの最高出力と40.8kgmの最大トルクを、1850rpmから3600rpmにかけて得ている。

外観上は、「アブスデザイン」とよばれる専用のホイールをはじめ、フォグランプ埋め込みフロントバンパーや、クセノンガス封入ヘッドランプなどが専用装備として与えられている。日本における希望小売価格は723.5万円となっている。

BMWでいうとM3に相当するような、A4ベースのハイパフォーマンス仕様が、この「S4」ですね。高出力エンジン、ヘビーデューティーな足まわり、6段マニュアルギアボックス、エアロパーツなど、専用装備が盛りだくさんです。

乗ってまず感じるのは、パワフルであり、かつ乗りやすい、ということです。とくに高速道路でのスタビリティはアウディの面目躍如たるものがあります。

ものすごく安定していて、安心して乗っていられるんですね。しかも静かだし。いっぽう、ハンドルやクラッチなどは適度に重くて、それがスポーティな味をだしている。完璧な機械というだけでなく、趣味性も備えているところが魅力でしょうか。

ただ革張りシートはいただけません。厚みが出ているせいで、着座位置が高くなり、ヘッドルームに余裕がなくなってしまってます。それにAピラーが顔に近づきすぎているのも気になる。高価格車だから革シートと言う発想はばからしいですよ。

日本では、このクルマの魅力を堪能できる機会にどれだけ恵まれるでしょうか。ブレーキ性能もすばらしいけれど、アウトバーンでのような速度が出せないとなると、もったいないくらいです。723.5万円は安い買い物じゃありませんから。

松本英雄

小川フミオ

 
 

関連キーワード:
S4アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 最高出力510psの「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」が登場 2018.1.11 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月10日、「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」に、「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+クーペ」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+クーペ」を追加し、同日、注文受け付けを開始した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディ、2018年は高級モデルの新型に注力 2018.1.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2018年1月11日、東京都内で記者発表会を開催し、2017年の実績を発表するとともに、ハイエンドモデルの導入をはじめとする2018年の事業計画を報告した。
ホームへ戻る