ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティな特別車

1999.06.23 自動車ニュース
 
 
990623_047.gif

ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティな特別車(6/23)

本田技研工業は「アコードワゴン」に特別仕様車「スポーティア」を設定、6月17日より発売した。スポーティな内外装が特徴だ。

「ホンダアコードワゴンSiRスポーティア」は2.3リッター4気筒DOHC+VTECエンジン搭載のアコードワゴンSiRをベースに開発された特別仕様車だ。外観上の特徴は、メッシュタイプのスポーティグリルをはじめ、ボディ同色サイドロアスカート、リアロアスカートにある。

内装面では、本革とモケットのコンビネーションになるシート、本革張りセンターアームレスト、カーボン調パネル、パンチングレザーによる革巻ステアリングホイールとシフトノブなどの専用装備をもつ。価格は259.8万円(東京)からだ。

ホンダがエアロパーツをつけてもどうしても洗練されすぎてしまう、ような気がする。ユーザーはもっとエネルギッシュなものを欲しがっているのではないか。でもこのままのホンダでいてほしい。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る