ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティな特別車

1999.06.23 自動車ニュース
 
 
990623_047.gif

ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティな特別車(6/23)

本田技研工業は「アコードワゴン」に特別仕様車「スポーティア」を設定、6月17日より発売した。スポーティな内外装が特徴だ。

「ホンダアコードワゴンSiRスポーティア」は2.3リッター4気筒DOHC+VTECエンジン搭載のアコードワゴンSiRをベースに開発された特別仕様車だ。外観上の特徴は、メッシュタイプのスポーティグリルをはじめ、ボディ同色サイドロアスカート、リアロアスカートにある。

内装面では、本革とモケットのコンビネーションになるシート、本革張りセンターアームレスト、カーボン調パネル、パンチングレザーによる革巻ステアリングホイールとシフトノブなどの専用装備をもつ。価格は259.8万円(東京)からだ。

ホンダがエアロパーツをつけてもどうしても洗練されすぎてしまう、ような気がする。ユーザーはもっとエネルギッシュなものを欲しがっているのではないか。でもこのままのホンダでいてほしい。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
アコードワゴンホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2009.2.10 試乗記 ……389万4500円
    総合評価……★★★★★

    フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
  • ホンダ・アコードワゴン タイプS(FF/5AT)【試乗記】 2006.1.13 試乗記 ホンダ・アコードワゴン タイプS(FF/5AT)
    ……370万6500円

    2005年11月24日、ホンダ「アコード」がマイナーチェンジされ、2.4リッター+5段AT仕様のスポーティモデル「タイプS」が追加設定された。そのワゴン版に試乗した。


  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る