トヨタ、FJクルーザーの色と装備を変更

2012.07.24 自動車ニュース
「トヨタFJクルーザー“カラーパッケージ”」。写真のボディーカラーはグレイッシュブルー。
「トヨタFJクルーザー」に新色と新機能追加

トヨタ、「FJクルーザー」の色と装備を変更

トヨタ自動車は2012年7月24日、SUV「FJクルーザー」の仕様を変更し、発売した。

こちらはオレンジのもの。
「トヨタFJクルーザー」に新色と新機能追加

今回、「トヨタFJクルーザー」のボディーカラーに、新色のオレンジとグレイッシュブルーが追加された。ラインナップは全6色。

また、リアのデフロックやビルシュタイン製ショックアブソーバーが標準となる“オフロードパッケージ”車には、エンジンとブレーキの自動制御によりステアリング操作のみでの極低速走行を可能とする「クロールコントロール」が与えられた。

価格は、315万円から337万円まで。

(webCG 関)

関連キーワード:
FJクルーザートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
ホームへ戻る