日産、「セレナ」をモデルチェンジ

1999.06.23 自動車ニュース
 
 
990623_051.gif

日産、「セレナ」をモデルチェンジ(6/23)

日産自動車はピープルムーバー「セレナ」をフルモデルチェンジし、6月21日より発売した。スクエアなボディに前輪駆動というのが最大の特徴だ。

新型「日産セレナ」のコンセプトは、「乗る人すべてに楽しさ、快適さを提供する新世代のファミリービークル」(広報資料より)という。機能性と性能の両面で注目に値する特徴がいくつも設定されている。

新型「セレナ」のプラットフォームは日産自動車が「新世代M&Sクラスプラットフォーム」と呼ぶもので、ワンボックス用に改良されている。5ナンバーサイズにおさえられた箱形ボディは剛性の高さがセリングポイントだ。これに無段変速機「HYPER CVT」と組み合わせられた2リッター4気筒DOHCエンジン「SR20DE」(145馬力)と、2.5リッター4気筒直噴ディーゼルエンジン「YD25DDTi」(150馬力)が搭載される。

駆動方式はこれまでのミドシップ後輪駆動から変更されて、前輪駆動、および「オートトルクカプリング」なる前後トルク配分機構をそなえたフルタイム4WDとなっている。サスペンションは前がマクファーソン・ストラット、後ろがトレーリングアーム式マルチリンクとなる。

新型「日産セレナ」の装備として注目に値するのは、全車に用意された両側スライドドアだ。さらにセカンドシート脱着対座機構(スプリットタイプ)やセカンド/サードシートロングスライド機構などによる多様なシートアレンジも特徴にあげられている。

ラインナップは、まず大きく前輪駆動と4輪駆動にわかれ、その下に装備の違いによるグレードが設定されている。基本的に各グレードにLEV(低公害エンジン)化されたSR20DEエンジンおよび直噴ディーゼルYD25DDTiが用意される。さらにトランスミッションとして電子制御4段オートマチックと無段変速機HYPER CVTが組み合わせられる。価格は前輪駆動「B」の174.9万円から4WD「ハイウェイスター」ディーゼルの279.9万円までだ。

立体的な造形のヘッドランプなどにそれなりに新しさはあるが、全体としては、どこかで見たような......。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
セレナ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る