アルファ「156」に左ハンドル仕様を追加

1999.06.25 自動車ニュース
 
 
990625_062.gif

アルファ「156」に左ハンドル仕様を追加(6/25)

フィアットオートジャパンは「アルファ156」シリーズに左ハンドル仕様を追加、7月10日より発売する。

左ハンドル仕様が追加されるのは、「アルファ156 2.0ツインスパークセレスピード」および「同2.5 V6 24V Qシステム」だ。オリジナルサスペンションなどの特徴をもち、価格も右ハンドル仕様より引き下げられている。

今回発売される左ハンドル仕様の特徴は以下のようになっている。オリジナルサスペンション(右ハンドル仕様はローダウン仕様)、サイドスカート未装着(同標準装備)、ベルベット地のシート表皮(2リッターモデルはファブリック、2.5リッターは本革)、盤面がホワイトの計器盤(同ブラック)、赤外線リモコン式集中ドアロック(同未装着)。

「2.5 V6 24V Qシステム」のタイヤサイズは205/60R15(ほかは205/55R16)となり、アルミホイールも「クラシックデザイン」となる。外板色としては新たにホワイトが設定された。これによって外板色は、アルファレッド(内装色はグレー)、コスモブルーメタリック(グレー)、ヌボラブルーパールメタリック(ブルー)、そしてホワイト(グリーン)となる。価格は「アルファ156 2.0ツインスパークセレスピード」が369.0万円(右ハンドル仕様は381.0万円)、「同2.5 V6 24V Qシステム」は429.5万円(449.5万円)だ。「アルファ156 2.0ツインスパークセレスピード」はクラッチペダルをもたない5段ギアボックスを特徴としたモデルだ。ジョイスティックおよびステアリングホイール上のボタンでシフトアップおよびダウンが行なえる。

「2.5 V6 24V Qシステム」は電子制御4AT搭載車で、マニュアルシフトも出来る機能を備えている。

カラーでお見せできないのが残念です。僕も見たい。近いうちにインプレッションをお届けしたいと思います。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
ホームへ戻る