トヨタ、SUVっぽい「ナディア」発売

1999.06.25 自動車ニュース
990625_060.gif

トヨタ、SUVっぽい「ナディア」発売(6/25)

トヨタ自動車は「ナディア」にSUVのテイストを加味した新グレード「type SU」を設定、6月21日より発売した。

「トヨタナディアtype SU」は車高をあげるとともに16インチタイヤを装着、さらに内外装を新しくしているところに特徴をもつ。エンジンは2リッター4気筒「3S-FE」で、トランスミッションは電子制御4AT、駆動方式は前輪駆動と4輪駆動の2本立てとなる。

外観上の特徴は、クロームメッキの専用グリルをはじめ、丸型フォグランプ内蔵の専用大型バンパー、スモーク処理を施されたリアコンビネーションランプ、オーバーフェンダー、サイドマッドガード、大型リアスポイラー、16インチアルミホイールなどにある。内装面では、専用のシートおよびドアトリム地が採用されている。

モデルラインナップは3種類だ。標準モデル(198.8万円〜)をはじめ、大型センターコンソールボックスと前席左右にアームレストを装備した「LSセレクション」(214.8万円〜)、さらに回転式対面フロントシートなどを備えた「SSセレクション」(216.8万円〜)がその内訳だ。

スターレットに続いて「ナディア」にも設定されたオールラウンダーだ。従来のモデルではパイが増やせないSUV市場において、今後伸びが期待される車型である。「ナディア」では室内にまで気がまわっていないのが残念だ。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。