マツダ、広くなった新型「MPV」を発表

1999.06.25 自動車ニュース
 
 
990625_063.gif

マツダ、広くなった新型「MPV」を発表(6/25)

マツダはSUVの「MPV」をモデルチェンジし、6月24日、発表した。最大の特徴は前輪駆動となり、室内が広くなったところにある。

新型「マツダMPV」のセリングポイントは従来モデルに対して15.7センチ全長が延びた室内にある。これにより快適に7名が乗車でき、同時に大容量のラゲッジスペースが確保できたとマツダではしている。

多彩なアレンジが出来るシートも新型「MPV」の特長のひとつだ。「KARAKURI」と名づけられた機構により、乗員が座ったままで左右にスライドするセカンドシート(世界初)など、凝った仕組みでユーザーへのアピールをはかっている。

スタイリングの特徴は、後席左右スライドドアをもつ1.5ボックスボディにある。ファミリア、プレマシーと共通するデザインテーマが盛り込まれ、「スポーティかつ高品質」(マツダ)が謳われている。スライドドアにパワーウィンドウ機構を内蔵しているのも目新しい点だ。

エンジンは、1991ccの直列4気筒DOHC(135馬力)と、2494ccのV型6気筒DOHC(170馬力)の2種類が用意されている。トランスミッションは電子制御4段オートマチックのみだ。どちらのエンジンも、レギュラーガソリン仕様で、低燃費、低公害化がはかられている。

ラインナップとしては「標準仕様」(206.6万円)が2リッターを搭載、さらに2.5リッターV6搭載モデルは装備に応じて、以下の3種類が設定されている。「Gパッケージ」(227.0万円)、「スポーツパッケージ」(244.1万円)、「Lパッケージ」(258.9万円)である。なかでも「スポーツパッケージ」はエアロパーツや16インチアルミホイールを装着している。価格は、東京、名古屋、大阪、広島のものだ。

スタイリングには新しさがあるが、インテリアはフツウすぎるのが残念。前輪駆動に1本化した思い切りのよさはひとつの見識だ。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)【試乗記】 2002.5.15 試乗記 マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)
    ……308.8/329.3万円

    “バタ臭い”というか、どうも違和感を禁じ得ないマツダのTVコマーシャル。指を鳴らしながらジャジーに(?)歌ったり、車内でダンスのステップを踏んだり、「なんかズレてない?」と日頃感じているwebCG記者が、ビッグマイナーチェンジを受けたMPVに乗りに行った。


  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
ホームへ戻る