マツダ、広くなった新型「MPV」を発表

1999.06.25 自動車ニュース
 
 
990625_063.gif

マツダ、広くなった新型「MPV」を発表(6/25)

マツダはSUVの「MPV」をモデルチェンジし、6月24日、発表した。最大の特徴は前輪駆動となり、室内が広くなったところにある。

新型「マツダMPV」のセリングポイントは従来モデルに対して15.7センチ全長が延びた室内にある。これにより快適に7名が乗車でき、同時に大容量のラゲッジスペースが確保できたとマツダではしている。

多彩なアレンジが出来るシートも新型「MPV」の特長のひとつだ。「KARAKURI」と名づけられた機構により、乗員が座ったままで左右にスライドするセカンドシート(世界初)など、凝った仕組みでユーザーへのアピールをはかっている。

スタイリングの特徴は、後席左右スライドドアをもつ1.5ボックスボディにある。ファミリア、プレマシーと共通するデザインテーマが盛り込まれ、「スポーティかつ高品質」(マツダ)が謳われている。スライドドアにパワーウィンドウ機構を内蔵しているのも目新しい点だ。

エンジンは、1991ccの直列4気筒DOHC(135馬力)と、2494ccのV型6気筒DOHC(170馬力)の2種類が用意されている。トランスミッションは電子制御4段オートマチックのみだ。どちらのエンジンも、レギュラーガソリン仕様で、低燃費、低公害化がはかられている。

ラインナップとしては「標準仕様」(206.6万円)が2リッターを搭載、さらに2.5リッターV6搭載モデルは装備に応じて、以下の3種類が設定されている。「Gパッケージ」(227.0万円)、「スポーツパッケージ」(244.1万円)、「Lパッケージ」(258.9万円)である。なかでも「スポーツパッケージ」はエアロパーツや16インチアルミホイールを装着している。価格は、東京、名古屋、大阪、広島のものだ。

スタイリングには新しさがあるが、インテリアはフツウすぎるのが残念。前輪駆動に1本化した思い切りのよさはひとつの見識だ。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
MPVマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”【試乗記】 2015.3.20 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、デザイン、機能性、快適性、そして走りと、あらゆる領域で一段と腕を上げた「マツダCX-5」。ステアリングを握る者を走りへと誘う“ドライバーズSUV”としての資質も同時に高まったのだろうか。このカテゴリーのベストセラーカー「トヨタ・ハリアー」と比較してみた。
ホームへ戻る