スズキ、「GSX400 インパルス」にブレンボキャリパー

1999.06.25 自動車ニュース
990625_057.gif

スズキ、「GSX400 インパルス」にブレンボキャリパー(6/25)

スズキは、ネイキッドタイプのスポーツバイク「GSX400 インパルス」を一部改良し、7月5日より発売する。

「スズキGSX400 インパルス」におけるマイナーチェンジの特徴として装備内容の充実があげられる。ブレンボ製4ポットキャリパーを前輪ブレーキに採用することをはじめ、マルチリフレクターヘッドランプ、歩行者・対向車などからの視認性を高めるランニングランプ(左右フロントウィンカーが走行時に常時点灯する)を採用するなど、「安全性と質感の向上」(スズキ)を目的とした内容となっている。

「スズキGSX400 インパルス」に搭載されるのは399ccの水冷4気筒DOHCエンジンで、最高出力は53馬力だ。ボディカラーは、銀、黒、赤、赤/黒ツートンの4色が設定される。価格は59万9000円となる。

SVのような2気筒バイクも出てきているが、やはり日本ではマルチ(4気筒)の人気が依然として根強い。あの「ヒューン」という音、僕は好きになれないなあ。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。