アウディ「A4」特急インプレッション

1999.06.28 自動車ニュース
 
 
990628_064.gif

アウディ「A4」特急インプレッション(6/28)

アウディジャパンでは「アウディA4」および「同アバント」を改良して、6月24日より発売した。

マイナーチェンジをうけた「アウディA4」だが、外観上の変更は最小限にとどまっている。ヘッドライト、バンパーなどのデザインがわずかに変わっているが、従来型のオーナーしか気づかない程度のわずかな変化である。

シャシーには細かく手が入れられている。サブフレームやアクスルビームは剛性アップがはかられていることをはじめ、コイルスプリングの取り付け位置の見直し、ダンパーの改良、ブレーキブースターのタンデム化など数多くの点が見直され、操縦性の向上がはかられているのだ。

今回あらたに導入されたのは「2.4クワトロLS」と「アバント2.4クワトロLS」だ。これは本革張り内装パッケージを特徴とした仕様である。

ラインナップは「1.8」(380.0万円)、「1.8Tクワトロ」(393.5万円)、「2.4」(422.0万円)、「2.4クワトロ」(448.0万円)、「2.4クワトロLS」(481.0万円)、「アバント1.8」(370.0万円)、「アバント2.4」(442.0万円)、「アバント2.4クワトロ」(468.0万円)、「アバント2.4クワトロLS」(501.0万円)となっている。

「A4」は初期にくらべると、改良いちじるしいですよね。当初はカックンブレーキだったし、乗り心地もかなりよくなっています。

「2.4クワトロ」はスポーツモデルということでスポーティなサスペンションとマニュアルトランスミッションを搭載して、シートもホールド性を重視したセミバケットタイプになっています。走らせての印象としては、シャシーの剛性があがったため、サスペンション自体がよく動いて、操縦性と乗り心地が格段によくなっていると感じました。

エンジンのレスポンスも気持ちいいんですね。ただしシフトフィールは最悪でした。ポジションがものすごく分かりにくくて、5速から4速に落そうとしても、アレレッと探してしまいました。慣れれば問題ないのですが、あんなん慣れたくないですよ。

このエンジンはマニュアルトランスミッションで乗ると、ごく低回転域ではトルク不足を感じてしまいます。

今回は「2.4」前輪駆動にも試乗しました。こちらはマニュアルでシフトできるティプトロニック機構つきです。

このATは早いタイミングでシフトアップしてしまうので、加速がいまひとつと感じる場面もあるんです。マニュアルでシフトできるティプトロニック機構をつかえば、スポーティに走れますが。リアのトーションビーム式サスペンションが強化されたぶん、高速コーナーでは剛性が上がっているのがわかります。

「1.8Tクワトロ」はスポーティな運転が楽しめる。「2.4」はそれなりにドライビングが楽しいうえに快適、ただし価格が28.5万円高です。けっこう迷う選択ですね。

松本英雄

小川フミオ

 
 

関連キーワード:
A4A4アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 最高出力510psの「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」が登場 2018.1.11 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月10日、「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」に、「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+クーペ」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+クーペ」を追加し、同日、注文受け付けを開始した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る