「スバルプレオ」に個性的外観の「ネスタ」設定

1999.06.29 自動車ニュース
 
 
990629_066.gif

「スバルプレオ」に個性的外観の「ネスタ」設定(6/29)

富士重工業は軽乗用車「スバルプレオ」に「ネスタ」を設定、6月23日より発売した。独特なフロントマスクが特徴だ。

「スバルプレオネスタ」は「一目で(......)分かるオリジナリティと満足感」(広報資料)をテーマに開発されたという。大小4灯のヘッドランプにクロームメッキグリルをもつフロントマスクや専用インストゥルメントパネルを特徴としている。

「プレオネスタ」のラインナップは、前輪駆動と4輪駆動に大別される。「G」には4気筒SOHCエンジン/5MT(107.5万円)および4気筒SOHC「マイルドチャージエンジン」/i-CVT(116.0万円)が、「RG」には4気筒SOHCスーパーチャージャーエンジン/7段マニュアルモード付スポーツシフトi-CVT(133.5万円)が設定されている。

ジャガーSタイプの日本導入にタイミングを合わせたのかどうか知らないが、同じようなカオの「プレオ」が登場した。いいのか、ミニライトホイールまで履いちゃって。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)【試乗記】 2005.11.30 試乗記 スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)
    ……153万3000円/112万3500円

    スバルの軽自動車「R1」「R2」がマイナーチェンジを受けた。兄弟車ではあるが、R2のフロントマスクが変わったことで、性格の違いが際立った。それだけでなく、改良の方向性には明確な差が表れている。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(後編)】 2003.12.20 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    なつかしい名前を、斬新なデザインのニューモデルに与えたスバルの新型軽自動車「R2」。『webCG』コンテンツエディターのアオキが、3つのグレードに“ちょい乗り”した。


  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(前編)】 2003.12.19 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    四角いハイトワゴン系「プレオ」転じて、ヒコーキメーカーの流れを強調したデザインを内外に採用した、ワンモーションフォルムの「R2」に。新しいスバルの軽自動車はどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキがプレス試乗会に参加した。


ホームへ戻る