「スバルプレオ」に個性的外観の「ネスタ」設定

1999.06.29 自動車ニュース
 
 
990629_066.gif

「スバルプレオ」に個性的外観の「ネスタ」設定(6/29)

富士重工業は軽乗用車「スバルプレオ」に「ネスタ」を設定、6月23日より発売した。独特なフロントマスクが特徴だ。

「スバルプレオネスタ」は「一目で(......)分かるオリジナリティと満足感」(広報資料)をテーマに開発されたという。大小4灯のヘッドランプにクロームメッキグリルをもつフロントマスクや専用インストゥルメントパネルを特徴としている。

「プレオネスタ」のラインナップは、前輪駆動と4輪駆動に大別される。「G」には4気筒SOHCエンジン/5MT(107.5万円)および4気筒SOHC「マイルドチャージエンジン」/i-CVT(116.0万円)が、「RG」には4気筒SOHCスーパーチャージャーエンジン/7段マニュアルモード付スポーツシフトi-CVT(133.5万円)が設定されている。

ジャガーSタイプの日本導入にタイミングを合わせたのかどうか知らないが、同じようなカオの「プレオ」が登場した。いいのか、ミニライトホイールまで履いちゃって。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
プレオスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る