日産、「セドリック」「グロリア」をモデルチェンジ

1999.06.29 自動車ニュース
 
 
990629_068.gif

日産、「セドリック」「グロリア」をモデルチェンジ(6/29)

日産自動車は「セドリック」および「グロリア」をフルモデルチェンジし、6月28日より発売した。

新型「日産セドリック」および「グロリア」は「新世代高級パーソナルサルーン」を商品コンセプトにすえて開発されたモデルだ。新しい「LLクラスプラットフォーム」をベースに、2.5リッターおよび3リッターの6気筒エンジンを搭載している。駆動方式は後輪駆動と4輪駆動の2本立てである。

新型「日産セドリック/グロリア」は、2800ミリのホイールベースをもち、そこに全長x全幅x全高=4865x1770x1440ミリの4ドアボディを載せている。スタイリングは「デザインの革新」と謳われているように、新型「セドリック/グロリア」の大きな特徴のひとつに数えられている。

エンジンは4種類、用意されている。3リッターV型6気筒DOHCターボ「VQ30DET」(280馬力)を筆頭に、3リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ30DD」(240馬力)、2.5リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ25DD」(210馬力)、そして2.5リッター直列6気筒DOHCターボ「RB25DET」(260馬力)となる。V6はすべてLEV(低公害エンジン)である。駆動方式は後輪駆動で、直6エンジンは4輪駆動システムとのみ組み合わせられる。

新型「セドリック」のラインナップは「300VIP」(494.0万円/東京・大阪・名古屋以下同)をはじめ、「300LX」(421.0万円〜)、「300LV」(378.0万円〜)、「250LV」(343.0万円)、「250L」(311.0万円)、そして「250LV FOUR」(399.0万円)と「250L FOUR」(364.0万円)となる。

グロリアは「300ULTIMA Vパッケージ」をはじめ、「300TX」「250TX」「250T」、そして4WDの「250TX FOUR」と「250T FOUR」で構成されている。ちなみに今回、グランツーリスモの設定はない。

「グロリア」のTVコマーシャルのキャラクターはバージングループ会長のリチャード・ブランスンだ。なぜだ? けっこう考えさせられる起用である。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
セドリックグロリア日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 日産「セドリック/グロリア」マイナーチェンジ 2001.12.7 自動車ニュース 日産自動車は「セドリック」「グロリア」をマイナーチェンジし、2001年12月4日に発売した。
  • 新型「セドリック」インプレッション 1999.7.29 自動車ニュース
  • 日産「セドリック・セダン」営業車にV6 LPGエンジン再登場 2004.1.15 自動車ニュース