ヤナセ、「サーブ9-3」にエアロパーツの特別仕様車

1999.07.01 自動車ニュース
 
 
990701_002.gif

ヤナセ、「サーブ9-3」にエアロパーツの特別仕様車(7/1)

ヤナセは、サーブに「9-3 2.0t Sports Package」を設定し、7月10日から200台のみの限定販売する。

サーブの「9-3 2.0t Sports Package」の特徴は、フロントスポイラー、サイドスカート、およびリアスポイラーといったエアロパーツを装着しているところにある。加えて、ボディ同色ミラーと「Sport」の専用エンブレムが装備される。外板色は、ブラック、シラスホワイト、エンバシーブルー、シルバーの4色から選べる。

パワーユニットは1984cc4気筒DOHC(154馬力)で、インタークーラー付き低圧ターボチャージャーを備えている。右ハンドルのみの設定だ。価格は348万9000円、ベースとなった「9-3 2.0t」より8万9000円高となる。

最近では自社グループで製造している戦闘機と同じ名前「ビゲン」をつけたモデルを設定したり、コマーシャルを例にあげるまでもなく、航空機イメージを使ったサーブのブランド訴及はおさかんである。エアロパーツとして翼をつけてみてはいかがだろうか。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
9-3スポーツセダンサーブ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-5エステート リニア2.0t スペシャルパッケージ(5AT)【試乗記】 2003.3.14 試乗記 サーブ9-5エステート リニア2.0t スペシャルパッケージ(5AT)
    ……419.0万円

    “知的でスポーティ”をキーワードに、GMグループにおけるプレミアムブランドの地位確立を図るサーブ。セダンとなった新型「9-3」の発表に続き、2003年モデルの「9-5エステート」に、エントリーグレードとなる2リッターモデルが導入された。千葉県で開催されたプレス向け試乗会で、webCG記者がチョイ乗り。


  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • サーブ9-5 エアロ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.7.19 試乗記 ……562.0万円
    総合評価……★★★

    モデルチェンジで印象が変わった、「サーブ」のフラッグシップ「9-5」。スポーティバージョン「エアロ」に試乗した。
  • サーブ9-3スポーツエステート エアロ(FF/6AT)【試乗記】 2008.3.7 試乗記 サーブ9-3スポーツエステート エアロ(FF/6AT)
    ……615万9000円

    フロントマスクが大胆で力強い印象になった新型「サーブ9-3」。スポーツサスペンション搭載のトップグレード「エアロ」で乗り心地を試す。
ホームへ戻る