ヤナセ、「サーブ9-3」にエアロパーツの特別仕様車

1999.07.01 自動車ニュース
 
 
990701_002.gif

ヤナセ、「サーブ9-3」にエアロパーツの特別仕様車(7/1)

ヤナセは、サーブに「9-3 2.0t Sports Package」を設定し、7月10日から200台のみの限定販売する。

サーブの「9-3 2.0t Sports Package」の特徴は、フロントスポイラー、サイドスカート、およびリアスポイラーといったエアロパーツを装着しているところにある。加えて、ボディ同色ミラーと「Sport」の専用エンブレムが装備される。外板色は、ブラック、シラスホワイト、エンバシーブルー、シルバーの4色から選べる。

パワーユニットは1984cc4気筒DOHC(154馬力)で、インタークーラー付き低圧ターボチャージャーを備えている。右ハンドルのみの設定だ。価格は348万9000円、ベースとなった「9-3 2.0t」より8万9000円高となる。

最近では自社グループで製造している戦闘機と同じ名前「ビゲン」をつけたモデルを設定したり、コマーシャルを例にあげるまでもなく、航空機イメージを使ったサーブのブランド訴及はおさかんである。エアロパーツとして翼をつけてみてはいかがだろうか。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


ホームへ戻る