アウディ、「安全性の高い」チャイルドシート発売

1999.07.05 自動車ニュース
990705_007.gif

アウディ、「安全性の高い」チャイルドシート発売(7/5)

アウディジャパンは、純正チャイルドセーフティシートを8月下旬より新発売する。国際規格対応がウリだ。

アウディのチャイルドセーフティシートの特徴は、「ISOFIX(アイソフィクス、イソフィクス)」という今年1月に定められた国際規格に適合にしている点にある。ボディに溶接されたフックとシートを固定するため、誤使用による事故が防げることがメリットのひとつとして謳われている。

「フッケパックG1 ISOFIX」とよばれる新規格のチャイルドセーフティシートは、体重9kgから18kg、身長70センチから100センチ(おおざっぱにいって生後9カ月から4歳まで)の乳幼児を対象にしたものという。

適合車種は、「A3」(1999年1月以降販売モデル)、「A4」および「A4アバント」(1999年7月以降販売モデル)、「S4」そして「A6」および「A6アバント」(1999年5月以降販売モデル/ただし一部をのぞく)となる。価格は4万5000円である。

基本的にフォルクスワーゲンが7月1日より発売したチャイルドセーフティシートと同じもののはずです。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。