三菱、手書きペイントの「タウンボックスワイド」

1999.07.06 自動車ニュース
 
 
990706_012.gif

三菱、手書きペイントの「タウンボックスワイド」(7/6)

三菱自動車は「タウンボックスワイド」に特別限定仕様車「ボディアートスペシャル」を設定、7月1日から31日まで期間限定で申しこみを受け付ける。

「三菱タウンボックスワイドボディアートスペシャル」は、ボディ側面にエアブラシによる手書きイラストを施していることを特徴とする。イラストは「全日本バニングフェスタ'98」でエアブラシ部門のグランプリに輝いた渡辺二巳秀(ふみひで)氏が担当、10台限定でインターネット上で販売が行われる。

ベースカラーはピレネーブラックのこのクルマ、価格は前輪駆動版が139.8万円で、4輪駆動版が151.8万円だ。これはベース車両と同一価格である。

個性的な外観でせまりたいならボディペインティングほど目立つものはない。しかしどこに頼んでいいのやら、費用はいくらかかるのやら、よくわからない。それを当代一流の方に描いてもらってしかもタダというのなら申し込むしかないのでは? ただし絵柄は選べないのでサーフショップの人に間違えられないように。(Web CG おざわ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱、6名乗車の「タウンボックスワイド」新発売 1999.6.7 自動車ニュース 三菱自動車は「リッターBOXYワゴン」を謳った「タウンボックスワイド」を6月1日より発売した。6名乗車ができる。「三菱タウンボックスワイド」は軽キャブオーバーワゴンのタウンボックスをベースに、1.1リッターエンジンを搭載、6名乗車を可能とする3列シートを設定したものだ。タウンボックスに対して、全長を210ミリ延長、全幅を60ミリ拡幅するいっぽうで、全高は80ミリさげている。エンジンは75馬力の最高出力をもつ1.1リッター4気筒SOHCで、気筒あたり4つのバルブを備えている。トランスミッションは4段オートマチックのみで、ドライブトレインは前輪駆動と4輪駆動が用意されている。前輪駆動モデルが139.8万円、4輪駆動モデルが151.8万円となっている。サードシートはさすがに小ぶりで、メーカー自身「4+2シート」と謳っているとおり、緊急用と考えたほうがいいかもしれない。ただ、お買い得感はあるような気がする。「いいもの長く」というスローガンといい、三菱は低成長時代に合わせた車種開発に余念がないようである。(Web CG オガワ)
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 三菱、手書きペイントの「タウンボックスワイド」 1999.7.6 自動車ニュース 三菱自動車は「タウンボックスワイド」に特別限定仕様車「ボディアートスペシャル」を設定、7月1日から31日まで期間限定で申しこみを受け付ける。「三菱タウンボックスワイドボディアートスペシャル」は、ボディ側面にエアブラシによる手書きイラストを施していることを特徴とする。イラストは「全日本バニングフェスタ'98」でエアブラシ部門のグランプリに輝いた渡辺二巳秀(ふみひで)氏が担当、10台限定でインターネット上で販売が行われる。ベースカラーはピレネーブラックのこのクルマ、価格は前輪駆動版が139.8万円で、4輪駆動版が151.8万円だ。これはベース車両と同一価格である。個性的な外観でせまりたいならボディペインティングほど目立つものはない。しかしどこに頼んでいいのやら、費用はいくらかかるのやら、よくわからない。それを当代一流の方に描いてもらってしかもタダというのなら申し込むしかないのでは? ただし絵柄は選べないのでサーフショップの人に間違えられないように。(Web CG おざわ)
  • 三菱、マルチパーパスミニワゴンを発売 1999.4.7 自動車ニュース 三菱自動車はマルチパーパスミニワゴンをコンセプトにした軽5ナンバーキャブオーバータイプの軽自動車「タウンボックス」を4月1日より発売した。「三菱タウンボックス」は、「大人4人がゆったり乗れる広い室内と荷物もたっぷり積めるラゲッジスペース」(広報資料)をうりものにした乗用車志向のクルマである。全長3395ミリ、全幅1475ミリ、全高1890(サンルーフ)あるいは1905(ハイルーフ)ミリのボディは、後席のスペースを確保するため5ナンバーワゴンの登録となる。税金の安い4ナンバーバンとして設定しなかったことについて三菱自動車では、前後シートのスペース制約をはずしゆったりした空間を確保すること、後席シートにリクライニング機構を設けることで居住性を確保し同時に乗用車として実用性を向上させること、などを理由にあげている。エンジンは48馬力を発生する657ccの3気筒SOHC4バルブ「リーンバーンMVV」と、64馬力の4気筒DOHC5バルブ+ターボで、トランスミッションは5段マニュアルと4段オートマチックが組み合わせられる。駆動方式は前輪駆動と4輪駆動が用意されている。価格は3気筒MVVエンジン搭載前輪駆動「SXハイルーフ」の115.5万円から4気筒インタークーラーターボエンジン搭載4輪駆動「RX」の151.5万円となる。「タウンボックス」のベースになっているのは1月に発表されたミニキャブバンである。商用ワンボックスがベースになっているだけにけっこう「ベタ」なスタイリングという気もするが、案外これが市場でウケたりする。その証拠にRVRもディンゴもけっこう見るではありませんか。(Web CG オガワ)
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る