日産、「シーマ」に車間自動制御システム採用

1999.07.07 自動車ニュース
 
 
990707_015.gif

日産、「シーマ」に車間自動制御システム採用(7/7)

日産自動車では、「シーマ」に「自動ブレーキ機能をもつ車間自動制御システム」を搭載した「41LV-Z」を7月5日より発売した。

「日産シーマ41LV-Z」は、「41LV」をベースに、車間自動制御システムを搭載したモデルだ。これは、車両前部に設置されたミリ波レーダーセンサーからの情報により、スロットルおよびブレーキを自動制御して加速と減速を行なうというものだ。ドライバーが設定した車速を上限として一定の車間距離を保つシステムである。

「シーマ41LV-Z」は4.1リッターV型8気筒エンジン(270馬力)搭載車で、車両の横滑り現象を軽減するビークルダイナミクスコントロールをはじめ、ファインビジョンメーター、マルチAVシステム、本革シート、電動ガラスサンルーフ、鍛造アルミホイールなどを標準装備している。価格は640.0万円(東京・名古屋・大阪)だ。

これはさきほどメルセデスベンツが採用したディストロニックシステムと同様のものだ。楽チンなだけに慣れると、これなしではいられなくなる装備である。コワイよー。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2010.11.25 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……641万5500円

    誕生から1年を経た2代目「フーガ」に、ハイブリッドバージョンが登場。日産が満を持して送り出す新型高級セダンは、どんな走りを見せるのか?
  • ホンダ、新型「アコード」の情報を先行公開 2017.6.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年6月19日(現地時間)、ミドルサイズセダン「アコード」の新型を同年7月14日に初公開すると発表し、コンセプトスケッチを公開した。
  • 「日産シーマ」がマイナーチェンジ 先進安全装備を搭載 2017.6.15 自動車ニュース 日産自動車は、「シーマ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは、前方衝突予測警報や後側方衝突防止支援システムなどの先進安全装備を全グレードで標準装備とした。
ホームへ戻る