トヨタ、新型「ハイエースワゴン」を発売

1999.07.08 自動車ニュース
 
 
990708_019.gif

トヨタ、新型「ハイエースワゴン」を発売(7/8)

トヨタ自動車は、「ハイエースワゴン」をマイナーチェンジし、7月5日より発売した。エンジンのトルクアップや装備の充実などからなる。

新型「トヨタハイエースワゴン」においては、これまでより豪華になり、装備が充実した。外観および内装の意匠の変更、装備の追加、一部エンジンのスペック変更、安全装備の充実などが特徴としてあげられる。

外観はボディフロント部が50ミリ延長され、新意匠のフロントグリルおよびバンパーの採用で級械(広報資料)が強調された。さらにヘッドランプをはじめとする灯火類がマルチリフレクタータイプとなった。外板色も「エレガントパールトーニング」をはじめ、新たに3色が追加された。

内装においては、フロントシートのスライド量が45ミリ増したことをはじめ、キーオフ後作動機能付パワーウィンドウや、新意匠のステアリングホイールなどが新たに採用された。「スーパーカスタムリミテッド」には、本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブ、オプティトロンメーター、家庭用電化製品が使用できる100V電源ソケット、キャプテンシートタイプのセカンドシートなどが今回、採用されている。

エンジンでは、3リッターディーゼルターボエンジン(1KZ-TE)に水冷式インタークーラーが追加され、最大トルクが33.8kgm(これまでは29.5kgm)に高まった。さらに最新の排出ガス規制にも適合するようになったという。

安全装備としては、ワイドビューミラー、撥水ガラスのウィンドシールド(一部モデル)、プリテンショナーおよびフォースリミッター付フロントシートベルトなどの採用が新しい。

グレードは、「デラックス」(東京213.2万円〜)、「スーパーカスタム」(同256.3万円〜)、「スーパーカスタムG」(同280.3万円〜)、「スーパーカスタムリミテッド」(同348.5万円〜)がそれぞれ後輪駆動と4輪駆動に設定されている。またハイルーフスーパーロングという「グランドキャビンG-p」(同351.9万円)と「同G-e」(同343.4万円)が後輪駆動に設定されている。

ずいぶんキラキラになってしまった「ハイエースワゴン」であった。しかしホントにユーザーはこういうものを求めているのだろうか? それともニーズというのは与え手が作り出すものなのか? ウーン。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタが「ハイエース」を一部改良 安全装備を強化 2016.6.2 自動車ニュース トヨタがワンボックス車「ハイエース」「レジアスエース」を一部改良。アクセサリーソケット(DC12V・120W)を全車に採用したほか、「ワゴン」と「コミューター」にVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールなどを標準装備した。
  • トヨタがハイエースを一部改良、特別仕様車も 2014.12.16 自動車ニュース トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」を改良。2015年1月6日に発売する。
  • 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)【試乗記】 2012.7.30 試乗記 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)
    ……267万3300円

    発売後約1カ月で月販目標の3倍となる6000台を超えるなど、好調な立ち上がりを見せている「NV350キャラバン」。シェア8割以上を占める「トヨタ・ハイエース」にどこまで迫れるか。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
ホームへ戻る