VW、豪華仕様の「パサートEX」を発売

1999.07.08 自動車ニュース
 
 
990708_018.gif

VW、豪華仕様の「パサートEX」を発売(7/8)

フォルクスワーゲンジャパンは、フラッグシップモデル「パサートセダン」の装備を充実させ「パサートEX」として7月6日より限定発売した。

「パサートEX」は「1.8」「1.8T」そして「2.8V6シンクロ」で構成されている。今回用意された装備としては、「1.8」では15インチアルミホイールとウッドパネルおよびウッドシフトノブ、「1.8T」ではアルカンタラとレザーによるコンビネーションシート、自動防眩ルームミラー、レインセンサー付ワイパー、「2.8V6シンクロ」ではガラススライディングルーフ、自動防眩ルームミラー、レインサンサー付ワイパーがあげられる。

価格は装備が豊富になったぶん上昇しているが、それでも低く抑えられている。「1.8」で299万5000円(従来型プラス2万円)、「1.8T」で349万5000円(同5万円)、「2.8V6シンクロ」で399万5000円(同1万円)だ。

「パサート」に興味をもっているひとにはうれしいニュースだろう。しかし「パサート」のセールスがいまひとつなのは、装備の問題ではないと思うゾ。とくに「2.8V6シンクロ」なんて乗るとすごくいいクルマなのに、それが売れないのはなぜか、VWJはそこを考えるべきでは。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2015.8.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」が8代目にモデルチェンジ。セダンの「TSI Rライン」を借り出し、新プラットフォームと1.4リッター直噴ターボエンジンがかなえる走りや、内外装の質感、運転支援システムの出来栄えなど、その実力を多角的にチェックした。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
ホームへ戻る