VW、豪華仕様の「パサートEX」を発売

1999.07.08 自動車ニュース
 
 
990708_018.gif

VW、豪華仕様の「パサートEX」を発売(7/8)

フォルクスワーゲンジャパンは、フラッグシップモデル「パサートセダン」の装備を充実させ「パサートEX」として7月6日より限定発売した。

「パサートEX」は「1.8」「1.8T」そして「2.8V6シンクロ」で構成されている。今回用意された装備としては、「1.8」では15インチアルミホイールとウッドパネルおよびウッドシフトノブ、「1.8T」ではアルカンタラとレザーによるコンビネーションシート、自動防眩ルームミラー、レインセンサー付ワイパー、「2.8V6シンクロ」ではガラススライディングルーフ、自動防眩ルームミラー、レインサンサー付ワイパーがあげられる。

価格は装備が豊富になったぶん上昇しているが、それでも低く抑えられている。「1.8」で299万5000円(従来型プラス2万円)、「1.8T」で349万5000円(同5万円)、「2.8V6シンクロ」で399万5000円(同1万円)だ。

「パサート」に興味をもっているひとにはうれしいニュースだろう。しかし「パサート」のセールスがいまひとつなのは、装備の問題ではないと思うゾ。とくに「2.8V6シンクロ」なんて乗るとすごくいいクルマなのに、それが売れないのはなぜか、VWJはそこを考えるべきでは。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る