クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4815×1855×1425mm/ホイールベース=2710mm/車重=1540kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(160ps/4500-6200rpm、25.5kgm/1500-4500rpm)/価格=524万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲンCC 1.8TSI テクノロジーパッケージ(FF/7AT)【試乗記】

マジメなおしゃれ着 2012.07.24 試乗記 フォルクスワーゲンCC 1.8TSI テクノロジーパッケージ(FF/7AT)
……524万円

“4ドアクーペ”をうたうフォルクスワーゲンの最上級セダンが、新たな名前で登場。その走りは、乗り心地は、どんな進化をとげたのか?

「カッコいいセダン」ができるワケ

低くてワイドなかっちょいい4ドアセダンが続々登場するのを見て、この動きは何かに似ている、同じことが起きているジャンルがほかにある、とピンときた。

それは、スーツだ。スーツもやはりシルエットがタイトになったり、ツヤのある素材になったり、実用性よりオシャレな方向に振れている。
以下、「セダンとスーツは地下水脈の深〜いところでつながっている」という仮説である。

昔は、大人の男はスーツを着て4ドアセダンに乗るのがあたりまえだった。それが80年代に入るとハッチバックが流行(はや)り、90年代にはRVブームがあり、ミニバンの時代に至った。
いまはもう、無理にセダンに乗る必要はない。便利で楽ちんなクルマがよければ、ほかにいくらでも選択肢がある。いまあえてセダンに乗る理由は、そのスタイルを選ぶということだろう。だからセダンはどんどんカッコよくなる。

少し遅れて、スーツにも同じようなカジュアル化が起こった。ノータイがOKになり、ジャケパンもアリになり、特に夏の季節はポロシャツ+チノパンも許されるようになった。業種によってはジーンズだって珍しくない。
だから昔の背広といまのスーツは、立ち位置が違う。「通勤用」「労働着」「オフィスワーカーの制服」としての役目は終わり、パーティーやレストランに出掛ける時の「おしゃれ着」になった。だからスーツはどんどんカッコよくなる。

というわけで、セダンもスーツも、もうお仕事はしなくていいのである。ひたすらカッコよさを追求すればいい。というなかで、フォルクスワーゲンのかっちょいい4ドアセダン、「フォルクスワーゲンCC」の日本への導入が始まった。

横方向のラインで構成する、近年のフォルクスワーゲンのトレンドにのっとったフロントマスクに変更された。ややこわもてになり、フェートンの面影も感じさせる。従来型から外寸、ホイールベース長に変更はない。
横方向のラインで構成する、近年のフォルクスワーゲンのトレンドにのっとったフロントマスクに変更された。ややこわもてになり、フェートンの面影も感じさせる。従来型から外寸、ホイールベース長に変更はない。 拡大
外観と比べると、インテリアの変更点は少ない。ステアリングホイールに備わるスイッチで操作できる新しいカーナビゲーションは、使い勝手がよかった。
外観と比べると、インテリアの変更点は少ない。ステアリングホイールに備わるスイッチで操作できる新しいカーナビゲーションは、使い勝手がよかった。 拡大
ヘッドランプと同様にLEDを採用したテールランプなど、リアのスタイリングも水平基調のものへと変更されている。
ヘッドランプと同様にLEDを採用したテールランプなど、リアのスタイリングも水平基調のものへと変更されている。 拡大

排気量は小さくなれど

「フォルクスワーゲンCC」は、もともとは「フォルクスワーゲン・パサートCC」という名称だった。そしてこのたび、デザインの変更を機に、名前を変えたのだ。
名前を変えた理由は、「パサート」より上級で「フェートン」(日本未導入)の真下に位置するという、フォルクスワーゲンのピラミッドの形を明確にするためだ。したがって日本を含めてフェートンが導入されない地域では、「フォルクスワーゲンCC」が最上位モデルとなる。

確かに、目をツブって「ぱさーと・しーしー」とつぶやいてから「ふぉるくすわーげん・しーしー」と声に出してみると、立派になったような気がする(しませんか?)。フロントマスクも、「フェートン」に似た押し出しの強いものになった。

日本仕様の「フォルクスワーゲンCC」は、1モデル2グレード展開。すなわちエンジンは1.8リッターのTSI(160ps)のみ。ベーシックモデルたる「1.8TSI」と、プリクラッシュブレーキやレーンチェンジアシストといった進んだ安全装備を持つ「1.8TSI テクノロジーパッケージ」の二つのグレードが用意される。

従来の「パサートCC」のエンジンは、2リッター直4ターボ(211ps)と3.6リッターV6(299ps)だったけれど、新型に積まれるのは直列4気筒1.8リッター+ターボ。とはいえ、試乗前に「排気量半分でダイジョーブ!?」的な不安を感じることはなかった。現行「パサート」に積まれる122psの1.4TSI(1.4リッター+ターボ)の出来がよかったからだ。

予想通り、1.8TSIはいい仕事をする。発進加速のスムーズで力強い加速が、力に余裕があることを物語る。
従来型の6段から格上げされた7段DSGは「す、す、す」と素早くスムーズにシフトアップを重ねるから、それほど回転は上がらないのに力強くスピードが上積みされていく。回転計の針が2000rpm付近に貼り付いていながら速度計の針がぐいぐい上昇するのは、CVTみたいで面白い。

リアランプの下には、コンフォートクーペからとられた車名である「CC」のエンブレムが控えめに添えられる。
リアランプの下には、コンフォートクーペからとられた車名である「CC」のエンブレムが控えめに添えられる。 拡大
1.8リッターTSIユニットは、7段DSGとの組み合わせで13.4km/リッターのJC08モード燃費を達成した。ちなみに従来型の2リッターTSIは10・15モード燃費で11.8km/リッター。
1.8リッターTSIユニットは、7段DSGとの組み合わせで13.4km/リッターのJC08モード燃費を達成した。ちなみに従来型の2リッターTSIは10・15モード燃費で11.8km/リッター。 拡大
新エンジンを得た「CC」の走り。ドライバーの集中力低下を察知すると音や表示で警告するドライバー疲労検知システムも標準装備される。
新エンジンを得た「CC」の走り。ドライバーの集中力低下を察知すると音や表示で警告するドライバー疲労検知システムも標準装備される。 拡大
荷室の中央にはスキーホールが備わり、長尺物の積載に対応する。6:4の分割可倒式の後席を倒せば、収納スペースの拡大が可能だ。(画像をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
荷室の中央にはスキーホールが備わり、長尺物の積載に対応する。6:4の分割可倒式の後席を倒せば、収納スペースの拡大が可能だ。(画像をクリックするとシートの倒れるさまが見られます) 拡大
関連キーワード

安全装備はお買い得

足まわりのセッティングを「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」の3段階に変更できる「アダプティブシャシーコントロール(DCC)」は全車標準装備。結論から書くと市街地は「コンフォート」、高速は「ノーマル」が快適だった。
快適なだけでなく、しなやかにロールをしながら、いかにも正確に路面をとらえている感触が伝わってくるから、コーナリングも楽しい。「ドキドキする!」タイプのファンではなく、いいものを落ち着いて操作できる喜びだ。

前述したように、普通に乗る限りはエンジン回転数がそれほど上がらないので、車内も静か。後で資料を確認すると、「随所に遮音材を追加した」とあった。確かに効果アリ。「CC=コンフォートクーペ」の名にふさわしい、快適性と楽しさを兼ね備えている。
ただし「スポーツ」モードはかなりゴツゴツするから、日本のスピードレンジよりもっと高い領域か、あるいは本格的なスポーツ走行用だという印象を受けた。

試乗車は「テクノロジーパッケージ」だったのでプリクラッシュブレーキ、レーンチェンジアシスト、レーンキープアシスト、アダプティブクルーズコントロールが備わる。この中で、プリクラッシュブレーキ以外は試すことができた。どれも現代の高級車にあっては標準的な出来栄えだったけれど、特筆すべきはノーマルモデルにたった25万円をプラスするだけという価格設定。これはお買い得でしょう。

短時間の試乗会だったので燃費は計測できなかったけれど、JC08モード燃費は13.4km/リッター。先代の「2.0TSI」は10・15モード燃費の数字しか残っていないので直接比較はできないけれど、ざっくり2割は良くなっているという。

スタイリングから性能まで、好バランスである。ただ、「セダンはカッコよければいい」と思う立場からひとこと言わせていただけば、メルセデスの「CLS」やBMWの「6シリーズ グランクーペ」に比べると、まだ背広の匂いが残っている。良くも悪くも、お仕事にも使えそうだ。

(文=サトータケシ/写真=郡大二郎)

 
フォルクスワーゲンCC 1.8TSI テクノロジーパッケージ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大
リアシートは、「パサートCC」としてのデビュー当初、今より少ない2人掛けだった。身長180cmの筆者が座ると、ご覧の様子。
リアシートは、「パサートCC」としてのデビュー当初、今より少ない2人掛けだった。身長180cmの筆者が座ると、ご覧の様子。 拡大
シャープなデザインのアルミホイールは、大径の18インチ。特殊高分子ポリマーの働きで、軽度のパンクならば自己修復できるという「モビリティータイヤ」が組み合わされる。
シャープなデザインのアルミホイールは、大径の18インチ。特殊高分子ポリマーの働きで、軽度のパンクならば自己修復できるという「モビリティータイヤ」が組み合わされる。 拡大
 
フォルクスワーゲンCC 1.8TSI テクノロジーパッケージ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
車買取・中古車査定 - 価格.com