三菱、欧州専用の「パジェロ」生産開始

1999.07.12 自動車ニュース
 
 
990712_025.gif

三菱、欧州専用の「パジェロ」生産開始(7/12)

三菱自動車は7月6日、イタリアで「パジェロピニン」のラインオフセレモニーを行なった。

「三菱パジェロピニン」は、フェラーリなどを手がけるピニンファリーナがデザインおよび生産を担当する欧州むけモデルだ。この秋、イタリアで発売される。生産開始を記念しての式典にはイタリア・トリノのピニンファリーナ社のバイオカナベーゼ工場にて行なわれた。同式典には河添克彦・三菱自動車社長、セルジオピニンファリーナ・ピニンファリーナ会長が列席した。

「パジェロピニン」はパジェロioをベースに開発された欧州仕様で、1.8リッターGDIエンジンにスーパーセレクト4WD-iを組み合わせたドライブトレインをもち、内外装は特製となる。

三菱自動車では、小型パジェロのようなスポーツユーティリティ市場は今後ヨーロッパで需要の拡大が見込まれると見ており、イタリアの次はスペイン、ドイツ、ポルトガル、イギリスなどで順次販売する予定という。

さらに三菱自動車では7月8日付で、フィアットとイタリアで4WDのSUVを共同生産する計画があることを発表した。フィアット社は、新車のスタイリングに対して責任を持ち、三菱自動車はプラットフォームとメカニカルパーツを供給する、というものだ。

2001年前半をめどに2ドアと5ドアの2バージョンがつくられ、エンジンはディーゼルとガソリンの2本立てとなることが決定されている。生産は「パジェロピニン」を担当するピニンファリーナ社のバイロ工場となるそうだ。

フィアットとのRV共同開発発表などイタリアに急接近の三菱自動車だが、個人的にはこうした展開はおおいに期待したい。イタリアンテイストの三菱車って、パジェロに限らずいいと思いませんか?(Web CG おざわ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロイオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱、「パジェロイオ」を一部改良、ラインナップを整理 2006.1.12 自動車ニュース 三菱自動車は、コンパクトSUV「パジェロイオ」を一部改良し、2006年1月11日に発売した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売NEW 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る