ポルシェ、「911ターボ」を2000年に発売

1999.07.16 自動車ニュース
 
 
990716_033.gif

ポルシェ、「911ターボ」を2000年に発売(7/16)

ポルシェは「911ターボ」を現在開発中だ。発売は来年で、最高出力は450馬力という。

最新の「ポルシェ911ターボ」の姿がこれ。ドイツから届いたスクープ写真である。よく見ると、リアフェンダーの前に左右のインタークーラーに冷却気を送り込むエアインテークがわかる。これが新型「911ターボ」の特徴だ。

エンジンは3.6リッター水平対向で、各バンクにターボチャージャーをひとつずつ備える。最高出力はなんと450馬力、最高速度は時速310キロに達するという。

タイヤサイズは前が235/40ZR18、後ろが295/30ZR18となる。ありあまるパワーは前後4つのタイヤに配分される。つまり四輪駆動である。

9月に開催されるフランクフルトショーではスタディモデルとしてポルシェのブースに飾られるようだ。量産車の発売は2000年春が予定されており、価格は22万ドイツマルク(約1450万円)といわれている。(報告=木村 宏)

 
 

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
  • 谷口信輝の新車試乗――フェラーリ812スーパーファスト(前編) 2018.6.14 mobileCG 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。
ホームへ戻る