ポルシェ、「911ターボ」を2000年に発売

1999.07.16 自動車ニュース
 
 
990716_033.gif

ポルシェ、「911ターボ」を2000年に発売(7/16)

ポルシェは「911ターボ」を現在開発中だ。発売は来年で、最高出力は450馬力という。

最新の「ポルシェ911ターボ」の姿がこれ。ドイツから届いたスクープ写真である。よく見ると、リアフェンダーの前に左右のインタークーラーに冷却気を送り込むエアインテークがわかる。これが新型「911ターボ」の特徴だ。

エンジンは3.6リッター水平対向で、各バンクにターボチャージャーをひとつずつ備える。最高出力はなんと450馬力、最高速度は時速310キロに達するという。

タイヤサイズは前が235/40ZR18、後ろが295/30ZR18となる。ありあまるパワーは前後4つのタイヤに配分される。つまり四輪駆動である。

9月に開催されるフランクフルトショーではスタディモデルとしてポルシェのブースに飾られるようだ。量産車の発売は2000年春が予定されており、価格は22万ドイツマルク(約1450万円)といわれている。(報告=木村 宏)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • 第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい
    輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~
    2017.3.10 特集 年に一度のインポートカーの祭典、JAIA合同試乗会の会場から、「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」「ポルシェ718ケイマン」「ボルボV60ポールスター」「ロータス・エキシージ」の走りをリポートする。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る