ポルシェ、「911ターボ」を2000年に発売

1999.07.16 自動車ニュース
 
 
990716_033.gif

ポルシェ、「911ターボ」を2000年に発売(7/16)

ポルシェは「911ターボ」を現在開発中だ。発売は来年で、最高出力は450馬力という。

最新の「ポルシェ911ターボ」の姿がこれ。ドイツから届いたスクープ写真である。よく見ると、リアフェンダーの前に左右のインタークーラーに冷却気を送り込むエアインテークがわかる。これが新型「911ターボ」の特徴だ。

エンジンは3.6リッター水平対向で、各バンクにターボチャージャーをひとつずつ備える。最高出力はなんと450馬力、最高速度は時速310キロに達するという。

タイヤサイズは前が235/40ZR18、後ろが295/30ZR18となる。ありあまるパワーは前後4つのタイヤに配分される。つまり四輪駆動である。

9月に開催されるフランクフルトショーではスタディモデルとしてポルシェのブースに飾られるようだ。量産車の発売は2000年春が予定されており、価格は22万ドイツマルク(約1450万円)といわれている。(報告=木村 宏)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る