新しくなった「メルセデスEクラス」

1999.07.19 自動車ニュース
 
 
990719_035.gif

新しくなった「メルセデスEクラス」(7/19)

独ダイムラークライスラーは「Eクラス」のマイナーチェンジを発表した。改良は1800個所におよぶという。

「メルセデスEクラス」のマイナーチェンジにおける特徴は、外観、内装、エンジンなど多岐にわたっている。

外観上の特徴はSクラスにならってドアミラー先端にウィンカーが埋め込まれたことをはじめ、いくつもあるが、しろうと目には従来型との区別がつきにくい微妙なものだ。内装も意匠は大きく変わらず、グレードアップがはかられている。

最大の特徴はエンジンだ。ディーゼルエンジンのラインナップが充実したのだ。新開発の5気筒および6気筒の「CDI(コモンレールディーゼル)」は、燃費、環境適合性などの面で大いに注目すべきパワーユニットだ。

新しくなった「Eクラス」が一般にお目見えするのは9月に開催されるフランクフルトショーにおいてである。このとき「CLKクーペ」のフェイスリフト版の登場もうわさされている。ただし現行「CLK」と区別がつかないほどわずかな変化にとどまる、といわれている。(報告=木村 宏)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る