オペル、ベルトーネ製の「アストラクーペ」を発表

1999.07.21 自動車ニュース
 
 
990721_036.gif

オペル、ベルトーネ製の「アストラクーペ」を発表(7/21)

オペルは「アストラ」に2ドアの「クーペ」を設定し、今秋からドイツで発売する。イタリアのカロッツェリア、ベルトーネ社がデザインと製造を行っている。

「アストラクーペ」(写真)の最大の特徴は、なだらかなルーフラインにある。すでに日本でも発売されているアストラセダン/ワゴンとプラットフォームを共有しているモデルだ。

エンジンは直列4気筒が3種類、すなわち1.8リッター/115馬力、2リッター/136馬力、2.2リッター/147馬力が用意されている。

オペルが新型クーペを投入した理由は、昨今のクーペ市場の活性化によるものだ。オペルにとっては1997年に生産を終了した「カリブラ」以来のクーペとなる。

アストラには高性能セダン「OPCアストラ」も追加された。OPC(オペルパフォーマンスセンター)により開発された限定モデルで、特徴は高出力化した2リッター直4エンジンにある。新設計のカムシャフトとシリンダーヘッドの採用で従来型より24馬力アップの160馬力を発するという。2500台の限定発売で、価格は4万5000マルク(約300万円)といわれている。

「アストラクーペ」「OPCアストラ」はともに9月のフランクフルトショーで正式発表となる模様だ。同時に「オメガ」のフェイスリフトも行われる見込みである。(報告=木村 宏)

 
 

関連キーワード:
アストラハッチバックオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【試乗記】 2001.2.21 試乗記 オペル・ヴィータGLS(4AT)
    ……187.0万円

    オペルの小型ハッチ、ヨーロッパでは「コルサ」、邦名「ヴィータ」の国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面、輸入されるのは、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」。「かわいいヴィータ……」からの脱皮を図り、先代より半まわり大きくなったコンパクトモデルはどうなのか?


  • メルセデス・ベンツAクラス 2018.2.5 画像・写真 独ダイムラーは2018年2月2日(現地時間)、新型「Aクラス」をアムステルダムで世界初公開した。「MBUX」と呼ばれる新しいインフォテインメントシステムを搭載するなど、意欲的な内容となっている。発表会の様子を写真で紹介する。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
ホームへ戻る