タミヤ、「Mロードスター」のラジコン発売

1999.07.22 自動車ニュース
990722_039.gif

タミヤ、「Mロードスター」のラジコン発売(7/22)

田宮模型はBMWの最速オープンカー、「Mロードスター」のラジコンカーを発売した。10分の1スケールで、価格は1万1000円だ。

タミヤの「BMW Mロードスター」における大きな特徴は、「モノコックフレーム」の採用にある。「Mシャーシ」と呼ばれるタミヤ独自のフレームで、「走行性能と組み立てやすさを両立した」(広報資料)ことがセリングポイントとしてあげられている。

サスペンションは四輪ダブルウィッシュボーンで、レイアウトはミドシップ後輪駆動となる。ボディはポリカーボネイト製で、ワイドフェンダーやフロントスポイラーがリアルに再現されているのも特徴のひとつとされる。豊富なオプションパーツも用意されており、チューンアップやセッティングの変更も可能となっている。

Web CG「クルマ生活 Q&A」でおなじみの松本英雄さんは、「実物の"M"のサスペンションはセミトレーリングアームだから、このラジコンの方が性能良いかも」とおっしゃっておりました。(Web CG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。